サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【いろんな人】

【いろんな人】

レッスンに来られる方はいろんな方がいます。
年齢も10代から80代まで。性別も男性、女性、中性と。またレッスンの目的も皆さんバラバラ。
ある人はプロを目指していたり、ある人はただ歌が上手になりたいだったり。

昔都内のプロダクションでレッスンをしていた頃は基本的にプロ志望の方ばかりだったので、今のようにいろんな方をレッスンできるのは初めは戸惑いもありましたがとても勉強になっています。

100人いたら100通りの目的があり、考え方があり、性格がある。ある意味とても人生勉強になる経験です。

私ももちろん人間なので好き嫌いはあります。苦手な人も楽な人もいます。耐えることもあれば楽しむこともあります。
多分前にキツめのブログを書いた時は、その前のレッスンが嫌いな人だったんだと思います^_^。
そして、成功するレッスンもあればミスしてしまったレッスンもあります。そんな時はレッスン代をお返ししたいと思えるほど落ち込んでしまいます(~_~;)。

それでも前に進もうと思えるのは生徒さんが変化していくのが見れるからです。
その喜びがあるからやめられないんだと思います。

教えながら教わっているんです。

 

(2016年10月31日(月) 13:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

新着記事

やはりアジサイは梅雨に似合います。 雨の色なのに雨に似合うんだなぁと。 日本人的ですね^_^。

例えばこんな歌、、、。 「城ヶ島の雨」 作詞:北原白秋、作曲:梁田 貞、唄:奥田良三 他 雨はふるふる 城ヶ島の磯に 利休鼠の 雨がふる 雨は真珠か 夜明けの霧か それともわたしの 忍び泣き 舟はゆくゆく 通り矢のはなを 濡れて帆上げた ぬしの舟 ええ 舟は櫓(ろ)で...

2番花はアプリコットが強く出ています。 お花は一回り小さくなりますが、なんとも優雅な雰囲気を醸し出しています^_^。

自然に枯れていく草花はある意味生命力を感じますが、植える場所が悪かったり、育て方が悪かったりして枯れた植物は悲しくなります。 前にも書きましたがハナミズキはたまに突然枯れたものを見ます。 青々と茂り生命力を感じる季節なだけにこの枯れ姿はやはり悲しみが込み上げます。

私の大好きな曲です。 なんと美しく哀愁のある曲なのでしょう。 さすがは北原白秋&山田耕筰コンビです。 でも曲としてはとても難しい曲で、2拍子と3拍子が交互に繰り返されます。 いつか自分のライブで歌いたいなぁと思ってます^_^。 YouTube→ https://...

ブログ記事 ページ先頭へ