全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【は、ひ、ふ、...

【は、ひ、ふ、へ、ほ】

お腹から出す声の練習としてハ行はとても効果的です。

日本語の中でもハ行は一番息を使います。
なので息がどこから出るか=声がどこから出るかがわかりやすいんです。

また肺活量もわかりやすく、少ない人はすぐに疲れてしまいます。


LET'S TRY !

まずはしっかりと腹式呼吸です。
もし出来ればお腹をキープしつつ出来るだけ長く吐いてみてください。
そうやってお腹を使う感覚がわかったらハ行を1つ1つ出してみましょう。
音程を決めてもいいですが無理なら出しやすい声より少し高めの声でやってみましょう。よりお腹の感覚がわかります。
声を出すときのポイントはあまり声を出すことに集中しないでお腹の方に意識を持っていくことです。
また口を動かしすぎないことも重要です。せっかくお腹に意識がいっているのに口の動きで余分な力が入りスムーズに声が出ないからです。

細かいことを云うとまだまだありますが大きなポイントはこんな感じです。

ぜひ練習の一環として歌う前にやってみてください。歌った時に少し喉が楽になるのがわかると思います。


 

(2016年10月24日(月) 16:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

ブログ記事 ページ先頭へ