全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 ボーカル・スクール KANA スクールブログ うまくなるコツ...

うまくなるコツ2 【ながら練習法】の巻

さて今回は、私が毎日練習を続けるために自分をどうコントロールして、単調なことをどうやって楽しんでいるか、そのポイントをお話ししようと思います。

キーワードは2つ。
《時短》《手際の良さ》

短い時間で~しながら集中練習を1日に何度か繰り返すのがポイントです。

名付けて【ながら練習法】

1回の練習時間が5分前後で、1日に何度もできる練習法の例をあげてみましょう。

=生活リズムの中で=
・通勤・通学中、歩くリズムに合わせて手のひらをグー・パー
・電車のつり革には薬指1本でつかまる
・買い物中は利き手と反対の腕で重たい荷物を持つ
・歯磨きは口角を上げた満面の笑み
・あくびで口腔内の確認とストレッチ&筋トレ
・家事をしている間は「い行」の言葉で鼻歌

=自宅でテレビや映画を見ている間=
・声を出さずに、唇を大きく動かして「あいうえお」を何度でも
・風船を連続で3回膨らませる
・寝ても座っても、足上げ10秒を休憩しつつ3回以上

=入浴中=
・5文字の言葉(中目黒など)を唱えながら両手の指を1本ずつ、リズム良く浴槽に打ち付ける
※5文字は「幸せだ」「ラッキーだ」「すてきだわ」など、ポジティブな言葉を使うと、さらに楽しくなりますよ。

ここに挙げた方法は、筋トレ・リズム感の強化・表情筋、笑筋、口腔内の筋トレ・鼻腔の感覚強化・腹式呼吸などの練習です。

この他にも生活の行動とリンクして行える練習法が、まだまだ、たくさんあるんですよ。

これらの方法だったら、「練習しなきゃ」「練習の時間を作らなきゃ」と頑張らなくても、思いついた時にいつでもできますし、1回の練習量も長時間必要ありません。
いつもの動作を練習に変えてしまえば「~しなきゃ」が少なくなって心も軽くなり、練習時間が増えるので、自然と笑顔が増えて毎日ハッピー♪

練習が苦でなくなる

練習がなんとなく毎日続く

気づくと上手になっている

練習を続けてみたくなる

もっと上手になってくる

やればできる!と気づく

音楽で幸せいっぱいだ~♪という仕組み。

単純作業をダラダラと長く続けるとストレスになるし、長い練習時間を確保するのも大変。
だったら、その逆パターンで練習しちゃえばいいのです。
「しなきゃ!」が辛いんだったら、「ほどほど」を「何回か」でOK。

ものは試しです。【ながら練習法】を試していただいて、上達の違いを実感してみてくださいね。

 

(2016年10月9日(日) 19:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

オペラ~アニソンまでこなす声楽家。恥ずかしがりやの方も気さくにサポート

ボーカル・スクール KANA
KANA (ボーカルトレーニング)

渋谷・武蔵小杉・学芸大学・都立大学・自由が丘・田園調布・駒沢大学

ブログ記事 ページ先頭へ