サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 明るく楽しいボーカル教室 スクールブログ 先生になって良...

先生になって良かったと思える出会い

最近、新しい出会いの中で「改めて僕は先生になって良かった」と思える出会いが重なりました。

それは「シンガーだけをして悩んでいる生徒さんとの出会い」です。

本来は、わき目を振らず、ひとつの道を極めるのが正しいと思います。

「歌」は他の楽器と比べても極めてオリジナリティが高く、希少価値が高いのです。

しかし、歌しかやらないシンガーは、どこか小馬鹿にされている感が否めない。

被害妄想なだけかも知れない。

でも、そう感じてしまう。

改めて何かの楽器でコードを覚えようとするけれども、ハードルがとんでもなく高く見える。

周りの楽器隊に聞くと、皆「簡単だよ」と言う。

簡単だと言われると、尚更「教えて」と言いにくくなる。


まして1回、何となく知ってる風に振舞ってしまった日には、2度と「知らない」とは言えなくなる。

かと言って、コード理論の本を読むと、ひっくり返る位難しくて分からない。

僕もそんな負のループにハマってした時期がありました。

プライドが高かった事も弊害になりました。

何年も悩みました。

同じ悩みを抱えた生徒さんが多い事に驚きます。

そんな生徒さんとの出会いには「縁」を感じます。

僕が昔、長い間悩んだ事だから。

同じ悩みを抱えた方には、あの時僕がしてもらいたかった伝え方で、ベストで短距離の道をお伝えする事が出来ます。

1から順番に学べば、決して理解出来ないモノじゃない。

1度身につけてしまえば、無駄なコンプレックスを持たず、音楽が出来ます。

歌が出来ます。

なので、思い切って、周りにいる優しいメンバー(←ここがポイント )に「教えて」と伝えてみると良いかも知れません。

本気になれば、2週間でやれます。

長いシンガー人生を考えれば、2週間は非常に短いものです。

しかし、非常に大きな実りになります。

コードが食わず嫌いになっている方は、思い切って一歩を踏み出してみて下さい

先生になって良かったと思える出会い

(2016年9月18日(日) 0:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

"めざまし"他TVでも話題!アジアが誇る声量を持つ先生がノウハウを伝授

ブログ記事 ページ先頭へ