全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 明るく楽しいボーカル教室 スクールブログ 音のあたり

音のあたり

今回のテーマは「音の当たり」です。

これまでの投稿で、低音域から高音域までの発声をお伝え致しましたが、音域が低音から高音に移動する時に音の響きやすい場所が変わります。

低音が鎖骨の間からはじまり、中音域では眉間、高音では頭という流れになります。

各音程事に声を効率良く響かせる共鳴ポイントが少しずつ上に上がっていく事になります。

いずれにしても、腹式呼吸で息をたっぷりと吸って、その息をコントロールしていく事が大前提になります。

最大限に息を吸い、息と声の割合を 1 : 1 にして、胸から上の力を最小限にする事で、各音域で最良の響きが出せる様になります。

と書くと、面倒くさく感じるかも知れませんが、自動車の運転と同じです。

最初は、キーをどこに刺して、シートベルトをして、ウィンカーを出して、目視して、とか考えながら行っていたのが、いつの間にか考えなくてもスムーズになっていく感覚です。

なので、慣れるまでは、ひとつひとつ確実に行う様にしてみてください

音のあたり

(2016年7月24日(日) 14:36)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

"めざまし"他TVでも話題!アジアが誇る声量を持つ先生がノウハウを伝授

明るく楽しいボーカル教室
西野大輔 (ボーカルトレーニング)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・田端・中野・赤羽・川口

ブログ記事 ページ先頭へ