全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 明るく楽しいボーカル教室 スクールブログ 息 : 声 =...

息 : 声 = 1 : 1

今回のテーマは「息 : 声 = 1 : 1」です。

先ず腹式呼吸でたっぷりと息を吸っていただく事を前提とします。

せっかく沢山吸った息も一気に出してしまっては、あっという間に無くなってしまいます。

沢山もらったお給料も一気に使ってしまってはいけないソレと似ています。

理想的な息と声の比率は、1 : 1 です。

沢山吸った息を効率良く声にしていきましょう。

息を多く吸える様になると、多く出しがちになります。

息があがった、難しいフレーズの頭程、息の出る量は多くなりがちです。

息の出る量が適量より多くなると、声がこもります。

こもりは響きを奪い、芯を奪い、ツヤを奪います。

逆に、息と声が 1 : 1 になると、声に響きが出て、芯が出て、マイクにのりやすくなります。

要は「いい声」になる。

なので、「息 : 声 = 1 : 1」で発声する様にバランスを保ちましょう

息 : 声 = 1 : 1

(2016年7月23日(土) 22:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

"めざまし"他TVでも話題!アジアが誇る声量を持つ先生がノウハウを伝授

ブログ記事 ページ先頭へ