全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 明るく楽しいボーカル教室 スクールブログ 中音域の発声は...

中音域の発声は軽く遠くへ

今回のテーマは「中音域の発声は軽く遠くへ」です。

歌の中で6〜7割を占めるとされる中音域。

中音域が上手くなるという事は、歌の6〜7割が上手くなるという事です。

当然、発声練習の中で割かれる時間も多くなります。

低音と高音は「あ」で発声するとまとまりやすいですが、中音域は「お」で発声すると響きやすくなります。

腹式呼吸でたっぷりと息を吸ったら、「お」の口の形を使って、軽く遠くへ放ります。

声が放物線を描くイメージです。

直線ではなく、放物線という曲線なのがミソです。

身体全体でいきましょう。

ボールを遠投する時に、腕投げにならず、身体全身使って投げる事に似ています。

後ろから少し遠くに居る人を呼び止める感覚です。

「お」で慣らして、徐々に他の母音に応用していく様に、発声練習を行ってみて下さい

中音域の発声は軽く遠くへ

(2016年7月22日(金) 20:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

"めざまし"他TVでも話題!アジアが誇る声量を持つ先生がノウハウを伝授

ブログ記事 ページ先頭へ