サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 明るく楽しいボーカル教室 スクールブログ 答えは限界の先...

答えは限界の先にある

今回のテーマは「答えは限界の先にある」です。

ユーロのロナウド繋がりで、こんなテーマを取り上げさせていただこうかと思います。

何事を行う時でも本気で臨む事は重要になりますが。

なかなか本気になるというのは難しいものです。

本気になったと思っても、7割位の力で臨んでしまいがちです。

以前も取り上げましたが、先ずは「不退転の決意」で臨む事。

それと、重要になるのが今回のテーマの限界の先まで行く事。

答えは限界の先にあります。

しんどくてしんどくて、どうしようもない状況の先。

頭が白〜くなって、何故こんな事をしてるんだろう?と考える時。

達成するもしないも、ありがとうございました、という気持ちになる時に、求めた景色が待っています。

限界を振り切って、「もう一回だけ」と臨んだ、その「もう一回」で答えが出たりします。

僕の今の試みの中では、声でグラスを割る時に、正しくこの心境になります。

声でグラスを割る打率は3割位。

どんだけ完璧に用意してこようが、絶好調だろうが、これを割ればゴールデンのメインで番組に出演させていただけると分かっていても、弾き返される事が7割です。

それでも3割、声でグラスを割る時は間違いなく限界の先まで行っております。

ミックスボイスが出る様になった時、初めてオーディションに合格した時、初のワンマンライブを目黒ライブステーションで成功した時、渋谷O-WESTでのライブを成功した時、テレビに初めて出演させていただいた時、全て限界の先まで辿り着いていたと思います。

なので、「しんどいな、やってる事は正しいのにな、何故出来ないのかな?」と、その行動じたいに疑問を持った時は、もう一回だけトライして限界の先にある答えを見つけに行きましょう

答えは限界の先にある

(2016年7月11日(月) 19:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

"めざまし"他TVでも話題!アジアが誇る声量を持つ先生がノウハウを伝授

新着記事

実は私、14日からの2日間、富士山の裾野に旅行に行ってきました。 キルビル家一同で。 久しぶりの家族旅行という事もあり、めちゃくちゃ楽しかったです。 現在話題の水陸両用車「KABA」に乗り。 宿泊したホテルで絶品和食コースを堪能し。 富士山を見ながら露天風呂に...

昨晩は、日本ヘビーメタル界の重鎮LOUDNESSの山下昌良さんが主催される「勝手にジャパメタナイト」に行って参りました。 山下昌良さんユニットの前に、僕の生徒さんviviさんが参加するニャウドネスの勇姿を存分に堪能しました。 昨日は1日ラウドネス愛に満ち溢れたイベントでした。 ...

惜しかった! 悔しかった! あと一歩だった! 本当にベスト8が見えていただけに、ラスト1分での逆転劇だけに、まだ心の整理がつかない午前5時です。 僅かだった、本当に僅かだった。 泣けます。 ラストに本田選手が出てきて、フリーキックを蹴った時に...

まー、しかし、こんな試合展開があるんですね。 後半の日本代表の苦渋の決断は、誰も本位ではなかったでしょう。 しかし、国を背負ったゲームの中で、決勝トーナメント進出の為の選択としては、当然ではあったと思います。 得失点差がセネガルと同一で並び、フェアプレーポイントの差で...

ロシアワールドカップ、日本第2戦。 追いついたー。 引き分けましたー。 力みがズーッと続くシンドイ試合でした。 立ち上がり11分でセネガルのエース マネに先制点を決められる苦しい戦いでした。 乾選手のシュートで追いつき、逆転され、追いつき、勝ち点「1」をゲット...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ