サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 明るく楽しいボーカル教室 スクールブログ センスは情報量...

センスは情報量に比例する

今回のテーマは「センスは情報量に比例する」です。

僕がこの事実を初めて知った時は「よし!」と思わず声が出ました。

「センス」という、何とも不確定な要素が大きなウェイトを占める芸術の世界。

どれだけ努力しても、センスが悪かったらダメだとしたら、これだけ切ない話は無い訳で。

凡人とし生まれ、平均値として育った僕は自分のセンスを疑問視していました。

疑問視というか、センスが悪いと勝手に信じ込んでいました。

もっと言うとセンスが無いのではないかと。

だからセンスという言葉には、ネガティヴなイメージを持っていましたし、逃げていました。

それが「センスは情報量に比例する」という事が、最新の感性工学の研究で分かったと聞いたのです。

もちろん、ガッツポーズです

情報量に比例するなら、どれだけ真剣に勉強出来たか?という事になります。

天才になる事は天性の問題もあるかもしれないですが、秀才には努力次第でなれるかも知れない。

だったら、戦えるかも知れない。

そう思った訳です。

でも、これは同時に「センス」という言葉を逃げに使う事が出来なくなった事も意味します。

なので、情報を沢山入手してセンスを磨いていきましょう

センスは情報量に比例する

(2016年7月9日(土) 22:45)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

"めざまし"他TVでも話題!アジアが誇る声量を持つ先生がノウハウを伝授

ブログ記事 ページ先頭へ