全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 明るく楽しいボーカル教室 スクールブログ 伝えるには『憂...

伝えるには『憂い』が必須

今回のテーマは「伝える為には『憂い』が必須」です。

以前「表現はナルシスティック」に、という投稿をしましたが。

カッコいいだけだと、美しいだけだと伝わりません。

これは、歌も、作詞も。

表現には、どうしても自分の素の部分が含まれます。

自分が経験したモノしかアウトプット出来ない性質上、当然になります。

そこには気恥ずかしさが伴います。

表現で恥ずかしい事を隠そうとすると、どんどんカッコ良くなる、どんどん美しくなる。

そうすると、どんどん伝わらなくなるんです。

問題はカッコ良すぎな事や、美し過ぎてる事を自分が気付きづらい事。

表現には必ず「憂い」が必要になります。

言わば誰もが持っている人間のネガティヴな要素。

弱さ、もろさ、セコさ、ダサさ、ズルさ、悪さ、汚さ等。

出来れば、人に知られたくない部分。

そういった人間としての「憂い」が表現に入っていく事で、人の心にスッと入ってきます。

「憂い」を出すには思い切りが必要になります。

高所恐怖症の人が竜神大吊橋からバンジージャンプする位の覚悟です

「憂い」の出し過ぎは抑える事が出来ますが、出ていないモノを出すには、本人が思い切るしかありません。

分かりやすく言うと「盛る」事で、その突破口を見出しやすい。

なので、表現する場合は、「憂い」を盛り気味で参りましょう

伝えるには『憂い』が必須

(2016年7月5日(火) 17:36)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

"めざまし"他TVでも話題!アジアが誇る声量を持つ先生がノウハウを伝授

ブログ記事 ページ先頭へ