全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 明るく楽しいボーカル教室 スクールブログ 一流は基礎を重...

一流は基礎を重んずる

今回のテーマは「一流は基礎を重んずる」です。

当然というと当然なんですが、どうしても我々はコレを忘れがちになります。

忘れがちになるというか、無かった事にしたくなるが正しいですよね。

何故なら基礎って何の分野においても地味だから

しかも、実践から遠く見えるし。

本当は実践とガッチガチに絡んでいるんですケドね。

そう見えないのがミソです。

人間ってうまく出来てますね

歌ならば基礎は腹式呼吸と息をコントロールする為のトレーニングになります。

またコレが実践から1番遠く見えるんですよね。

僕は出来の悪い生徒だったので、高音域にこだわるあまりに、基礎を軽視していました。

もちろん、そのつもりは無かったんですケドね。

でも自覚症状の無い事程深刻なもので。

僕が基礎に目覚めたのは指導していただいていた先生の

「高音で人を感動させる前に、中低音で人の事を納得させる声を出してみろ。」

という厳しいお言葉でした。

「そんなのチョロいぜ!」と息巻いてみましたが。

基礎の出来てない事、出来てない事 笑。

そこで猛烈に反省して基礎練をやる様になったんですが。

そしたら、伸びるんですね、やっぱり、歌が。

それからは真面目に基礎練に取り組む様になりました。

そこからも歌が伸びるのには紆余曲折はありましたが、あの時が大きなターニングポイントになったのは間違いないです。

あなたには遠回りはして欲しくないので、是非基礎練を頑張って下さい

一流は基礎を重んずる

(2016年6月28日(火) 22:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

"めざまし"他TVでも話題!アジアが誇る声量を持つ先生がノウハウを伝授

ブログ記事 ページ先頭へ