全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 明るく楽しいボーカル教室 スクールブログ 何故録音した声...

何故録音した声は、自分の声と違う聴こえるのか?

今回のテーマは「何故録音した声は、自分の声と違く聴こえるのか?」です。

録音した声を聴くと、変な風に感じませんか?

自分の声じゃないというか。

録音し慣れてない方程、そう感じると思います。

衝撃的な真実なんですが、これ、「録音された声こそ、あなたの声」なんです

コペルニクス的転回ですよね

普段自分の声を聴く時、声は頭蓋骨に響き、外のイロイロな部分に響いた音を同時に聴いています。

それに対し、自分以外の人の声を聴く時は、外に出た声だけを聴いているんです。

なので、「自分だけが自分の声を違う声として認識している」という不思議な状況が生まれます。

つまり録音した声が、自分以外の皆さんが普段聴いている私の声という事になるのです。

なかなか受け入れ難い真実ですよね。

録音された自分の声をイヤだと感じる方も多いと思います。

でも、それが真実なんです。

しかし、声はコントロール出来ます。

なので、何度も録音して、自分の好みの発声に変えていけば良いのです。

今は携帯にも録音機能が常備されています。

なので、細めに録音をして自分好みに修正していく事で、普段の生活もグッと楽しくなると思います。

是非お試しくださいませ〜

何故録音した声は、自分の声と違う聴こえるのか?

(2016年6月22日(水) 16:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

"めざまし"他TVでも話題!アジアが誇る声量を持つ先生がノウハウを伝授

明るく楽しいボーカル教室
西野大輔 (ボーカルトレーニング)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・田端・中野・赤羽・川口

ブログ記事 ページ先頭へ