全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 明るく楽しいボーカル教室 スクールブログ 何もしなくても...

何もしなくても歌が上手い人

今回のテーマは「何もしなくても歌が上手い人は何故上手いのか?」です。


何もしなくても上手い人ってずるくないですか 笑?


僕はずるいな〜って、ずーっと思ってました


何もしなくても上手い人と、我々一般の人達との差は「耳」にあると言われています。



ここで言う「耳が良い」は、一般的な「耳が良い」とはちょっと質が違います。


一般的な「耳が良い」は小さな音まで正確に聞き取る事が出来る事です。


しかし、何もしなくて歌が上手い人の「耳が良い」は、上手い人の歌声を聞き分けてマネる事が出来る聞き方が出来る事になります。


上手い人の歌声を注意深く聞き分け、それを再現出来る注意深さがあるか?という事です。


集中力が必要になります。


では、どんな風に集中するのか?


それは、めちゃくちゃ訛っている人の言葉を聞き取る時の集中力と非常に近いです。


カタコトの日本語を話す海外の方の言葉を聞き取る時のそれとも同様だと思います。


あの集中力を持って上手い人の歌声を長い時間聴いていると、ある日ある時分かる瞬間がきます。


「あ!こうか!?」って。


何でも最初はマネる事から始めます。


「学ぶ」は「真似ぶ」が訛ったものと言われています。


なので、初期に早く上手くなりたかったら、先ずは上手いシンガーさんを「真似ぶ」してみてください

何もしなくても歌が上手い人

(2016年6月19日(日) 18:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

"めざまし"他TVでも話題!アジアが誇る声量を持つ先生がノウハウを伝授

ブログ記事 ページ先頭へ