全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 明るく楽しいボーカル教室 スクールブログ 高音域のボイス...

高音域のボイストレーニング4

前回に引き続き、本日最初のテーマも「高音域」です。

昨日の投稿でミックスボイスの事を取り上げましたが、質の高いミックスを出す為には、地声で質の高い高音域を出す必要があります。

「歌」でも「私生活」でも使う機会が少ない高音域。

当然練習が必要になります。

先ずは最大限声量を落として、高音域までの道筋を確認します。

これがかなり難しい。

少しでも力んでしまうと、音程を上げていけなくなります。

なので、ここではコペルニクス的転回な位力を抜いて、小声で男性はAかA#、女性はCかC#まで出してみて下さい。

その道筋に腹式呼吸で息を吸って、少しずつ声量を上げていくのが、一番分かりやすいかと思います。

また、スムーズに高音まで小声で音がとれた方は、そのまま裏声に入ってなるべく地声と同じ音色で更に上まで音を確かめてください。

ミックスボイスでの音程は不思議なんですが、男女共にEまで行っておけば良いと思われます。

E以上の音が出てくる曲自体が極端に少ないからです。

なので、上手く音が追えた方はEまで頑張ってください。

ちなみに男性は一般的に力みがちなので、小声で高音の音域の練習が難しく感じる方も多いと思います。

僕はバリバリ力んでいたので、この課題でめちゃくちゃ試行錯誤しました

しかし、繰り返す事で、必ず出来る様になります。

繰り返し、繰り返し、トライして下さいね〜

高音域のボイストレーニング4

(2016年6月18日(土) 14:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

"めざまし"他TVでも話題!アジアが誇る声量を持つ先生がノウハウを伝授

明るく楽しいボーカル教室
西野大輔 (ボーカルトレーニング)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・田端・中野・赤羽・川口

ブログ記事 ページ先頭へ