全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 明るく楽しいボーカル教室 スクールブログ 高音域のボイス...

高音域のボイストレーニング3

なるほど〜。
そうですか。
この投稿の中で最も読んでいただいているのは「高音」らしく。

なので、今回も「高音域」をテーマにしたいと思います。

僕も高音域を出したくて、ボイストレーニングを受けた1人なのであります。

いわゆる高音域にも、地声での高音域と、ミックスボイスでの高音域があります。

地声の高音の上にミックスボイスが乗り、驚く程の音域を出す事が出来る様になります。

男性キーの高音域のA#かB、女性キーの高音域のC#かDからはミックスボイスに切り替えるのがスムーズになります。

「ミックスボイス」とはザックリ言うと裏声です。

裏声の息をまとめて、前に集めて地声と同じ様に響かせる事で「ミックスボイス」になります。

と、文字にするのは簡単ですが、実際に声にする、コントロールするとなると、なかなかなジャジャ馬。

ちょっとした体調の変化、心の調子の変化によって、バラつきがあります。

僕もいまだに手を焼いております。

でも、そのミックスの魅力に魅せられ続けているのも事実であります。

極端な話、ミックスボイスのアベレージを整え、いつでも気持ち良くコントロールしたいが故に、キツ目の基礎練を行います。

やはり、しっかりとした基礎の上にしか高い建物は立たないんですね。

なので、ミックスボイスをコントロールしたかったら、基礎練を徹底的にしましょうという「急がば〜」的なアプローチになるんですね。

僕も今日も基礎練をバッチリ行います

高音域のボイストレーニング3

(2016年6月17日(金) 23:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

"めざまし"他TVでも話題!アジアが誇る声量を持つ先生がノウハウを伝授

ブログ記事 ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta