全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 R.L.D. Vocal School スクールブログ 私が思う日本初...

私が思う日本初のメタルシンガー

日本の古い楽曲を探してみる。

70〜80年代、及び90年代前半のボーカリストは国内外及び男女問わずレベルが高く、圧倒的な歌唱力で2000年代以降デビューのボーカリストの追随を許さない。

国内では70年代位から洋楽の影響で様々なジャンルが増え、既存のシンガーのレベルを凌駕する者が輩出されてきた。

テレビ等の誰もがお茶の間で観ることができる男性シンガーなら、尾崎紀世彦、布施明、松崎しげる辺りだろうか。

この御三方の中で注目したいのが布施明。

彼は発声のベースがクラシックでしかも歌唱中でシャウトもする。

これは日本初のメロディックメタルシンガーではないか?!

この曲を聴いて皆さん考えてもらいたい。

ちなみにガンダーラやモンキーマジック、最近ではEXILEがカバーしてる楽曲でビューティフルネームや銀河鉄道999で有名な、ゴダイゴのキーボード、ミッキー吉野が作曲している。

ミッキー吉野は私と同じ地元横浜市民でゴールデンカップスというバンドをやっていたが、音楽業界ではゴールデンカップスが日本初のメタルバンドとの話もあるが、聴いてみたところそれはサウンドの基幹だけであり、ボーカルはムード歌謡としか聴こえない。

音楽業界に反した意見だが、とりあえず布施明の歌を聴いてみて判断して欲しい。

君は薔薇よりも美しい/布施明

https://youtu.be/9iQZ8zJ6QxE

 

(2016年5月20日(金) 22:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

作詞家の世界観まで表現!趣味~オーディションでの発声をサポート

R.L.D. Vocal School
Wildtackey (ボーカルトレーニング)

横浜・戸塚・桜木町・関内・東戸塚・戸部・天王町

ブログ記事 ページ先頭へ