全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【逆腹式】

【逆腹式】

呼吸はもちろん息を吐く、そして吸う事。
腹式呼吸はその呼吸を深くし、お腹が膨らんだりへこんだり。
またあたり前のことですが息を吐けばお腹はへこみ、息を吸えばお腹は膨らむものです。


前置きはさておき、ここからが今日の本題です。
皆さん「逆腹式」をしてみましょう。

そう「逆」です。

息を吐きながらお腹を膨らまし、息を吸いながらお腹を引っ込めます。

ちょっとまって……?!
それって今までと言っていること違うし、普通に考えておかしくない?

はい、おかしいです。

でも必要なんです。


それはこうゆうことです。
ただ呼吸をする、腹式呼吸をするだけなら始めに書いたことでよいのですが、そこに「声への変換」が加わることで分かりやすく云うとお腹の動きが逆になるんです。
普通の呼吸状態に声をのせるとただのため息になってしまい、せいぜい数個しか言葉を発せられないんです。
実は普段私たちはお話をするときにこの逆腹式的なことを無意識にやっています。逆に言うとそうしないと長く芯の通った声では話せないんです。
普段話しているときの呼吸を意識したことはあまりないと思いますが、声を出していても息(お腹)はほとんど減っていない状態です。


話を戻します。
発声の前、腹式呼吸の後に、逆腹式練習をしてみましょう。
短めの間隔で吐きながらお腹を出すイメージ、吸いながら減らす(戻す)イメージです。
はじめは少しやりづらいですがなれれば出来ます!
またやった後の歌が少し楽に出せる感があると思います。

ぜひ(^_^)。

 

(2015年11月28日(土) 12:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

ブログ記事 ページ先頭へ