サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【ミュージック...

【ミュージックとセラピー】

巷にはいろいろなセラピーなるものが存在する。
アロマセラピー、カラーセラピー、ガーデンセラピー、アニマルセラピー…などなど。
セラピーという意味は大きく云うと「癒し」。ということは心と身体が癒されればなんでもセラピーということになる。

使い方によってはちょっと怖い気もするが、ある意味では使い勝手のよい言葉であるといえ、またセラピーとつけば何となく「良いもの?」的な感じがしてしまうものである…(^_^;)。


私は前にも少しお話した事があるが音楽療法、西洋の言葉でミュージックセラピーというお仕事もさせてもらっている。

現在の日本では主に高齢者、精神的障害者、知的障害者の3つが音楽療法でいうところのクライアントになっている。(クライアントとは患者さんに近いもの。)

しかし本来の音楽療法=ミュージックを使い心と身体の癒しと考えると、ほとんどの方は普段から無意識に近く行っている。
それはただ好きな音楽を聞くことしかり、好きなアーティストのコンサートにいくことしかり、カラオケで思う存分歌うことしかり。
すべて自分の為のある種の癒しの時間である。

そう、ほとんどの方は音楽の持つ療法的な力を上手く使っている。

これは他のセラピーでもいえること。

元気を出すためにちょっと派手なお洋服で出かけるカラーセラピー。
愛犬、愛猫、愛魚、愛鳥に婚期が遅れるほど癒されまくっているアニマルセラピー。
窓辺に一つバジルをおいて、ピザが焼けたらちょっとのせてみようなんて感じのガーデンセラピー。

ね!みんな多かれ少なかれやっていることは多いはず。

でもセラピーという言葉がこの日本で定着し始めたのはこの10年くらい。
それまでは当たり前にやっていた自分に対しての「癒し」を、ストレスみたいなものが上回ってしまったから、あたり前の「癒し」を「セラピー」という名を借りてでも求め始めたのかもしれません。

ある意味それが商売になる時代なんですね。(見も蓋もない言い方ですいません。)

それにあやかっている私が言うのもなんなのですが…(^_^;)。

 

(2015年11月21日(土) 14:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

新着記事

お盆の帰省中の私の仕事は実家のバラの夏選定です。 横浜の自宅には5鉢ほどしかバラはないですが、実家には数えたら13鉢ありました! まぁ、私が少しづつ増やしていったのですが、、、(^_^;)。 夏の炎天下での作業は苦行でしかないのですが、秋の満開のバラに向けて頑張りました^_^。 ...

夏に家を2日以上空けるときは、なかなか大変な作業が待っています。 熱帯魚たちは2、3日餌をやらなくてもへっちゃらなので心配はないのですが、鉢植えの植物は水が無くなれば枯れます。 特に日当たりを好む植物は、私の場合家に入れてしまいます。自動灌水器や鉢の下に水を溜める方法もありますが、...

昭和22年 NHKの連続放送劇(ラジオドラマ)の主題歌です。 とってもポップな曲で聞いていても、歌っていても楽しくなれます。 もちろんご利用者さんたちも大好きな曲で盛り上がりますよ! YouTube→ https://youtu.be/Z-RV-BHCFVI (音楽療法 始天...

和風の色気を感じるアレンジです。 クレマチスの藤色のグラデーションが綺麗でずっと見ていても飽きません。

新幹線でも酔ってしまう私は30分以上前に酔い止めを飲み乗り込みます。 私のよく歌う曲の中に「ホームにて」という曲があります。 中島みゆきの隠れた名曲といわれる曲です。 ホームに立つと私の頭の中にこの曲が流れます。 ホームという場所はいろんなものの通過点で、分岐点です。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ