全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【ミュージック...

【ミュージックとセラピー】

巷にはいろいろなセラピーなるものが存在する。
アロマセラピー、カラーセラピー、ガーデンセラピー、アニマルセラピー…などなど。
セラピーという意味は大きく云うと「癒し」。ということは心と身体が癒されればなんでもセラピーということになる。

使い方によってはちょっと怖い気もするが、ある意味では使い勝手のよい言葉であるといえ、またセラピーとつけば何となく「良いもの?」的な感じがしてしまうものである…(^_^;)。


私は前にも少しお話した事があるが音楽療法、西洋の言葉でミュージックセラピーというお仕事もさせてもらっている。

現在の日本では主に高齢者、精神的障害者、知的障害者の3つが音楽療法でいうところのクライアントになっている。(クライアントとは患者さんに近いもの。)

しかし本来の音楽療法=ミュージックを使い心と身体の癒しと考えると、ほとんどの方は普段から無意識に近く行っている。
それはただ好きな音楽を聞くことしかり、好きなアーティストのコンサートにいくことしかり、カラオケで思う存分歌うことしかり。
すべて自分の為のある種の癒しの時間である。

そう、ほとんどの方は音楽の持つ療法的な力を上手く使っている。

これは他のセラピーでもいえること。

元気を出すためにちょっと派手なお洋服で出かけるカラーセラピー。
愛犬、愛猫、愛魚、愛鳥に婚期が遅れるほど癒されまくっているアニマルセラピー。
窓辺に一つバジルをおいて、ピザが焼けたらちょっとのせてみようなんて感じのガーデンセラピー。

ね!みんな多かれ少なかれやっていることは多いはず。

でもセラピーという言葉がこの日本で定着し始めたのはこの10年くらい。
それまでは当たり前にやっていた自分に対しての「癒し」を、ストレスみたいなものが上回ってしまったから、あたり前の「癒し」を「セラピー」という名を借りてでも求め始めたのかもしれません。

ある意味それが商売になる時代なんですね。(見も蓋もない言い方ですいません。)

それにあやかっている私が言うのもなんなのですが…(^_^;)。

 

(2015年11月21日(土) 14:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

ブログ記事 ページ先頭へ