サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【一歩】

【一歩】

何かをはじめたばかりのころは、一歩を踏み出す楽しさにみちあふれている。
知らないものを知れる喜び、上達していく達成感、次に何があるのかのワクワク。

その期間が過ぎていくと、何となくポイント的なものがわかってくる。ほとんどのものごとは基礎的なポイント(最低限おさえておくべきもの)は数個であり、あとはその繰り返し、また底上げということに気付き始める。

そして、第一次分岐点がある。
それを本当に続けるのか、自分の人生にとって必要であるのか、お金と時間を使う価値はあるのかと。

それをこえると二つのパターンに別れる。
1つは必要性を見つけ出し先の一歩を踏み出す人。
1つは先生等と性格があい、何となくその時間が楽しいから続けていく人。

まぁ、どちらもありではあるが(^_^;)。

そのあとはまぁまぁ長く続いていくことになるのだが、学ぶ姿勢が違うので教える側も多分変えていく必要性が出てくる。もちろん変えないでついてこれる奴だけついてこい!的な職人気質の方もいるし、打算な方もいる。


ここまで書いて私は何でこんなことを書いているのかと頭に?が浮かんだ。もともとこのブログは感じたことをそのまま書いてしまうので、たまにおいおいこんなこと書いて大丈夫か?と後で思うことも多々あるのだが、それでも今これを書いているのは何か意味があり、何かを伝えたいと思っているからだろうと勝手によいほうに解釈しようとしている自分がいる(^_^)。

最後に私は生徒さんにはいつでも一歩、いや半歩でも前に進んでほしいと考えている。歌を上手くなりたいという人もそうだが、どちかというと、音楽を通じて実りある美しい人生にしてほしいと願い、また音楽を通じて自分自身の何かを変えたいと思っている人の手助けができればと思っている。

ちょっとながくなってしまったが、そんな感じだ。

 

(2015年11月9日(月) 13:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

新着記事

リップロールの効果はズバリ声の息のノリが良くなることです。 リップロールという作業は呼吸と発声の間のようなもので、息をしっかり、一定に、流し続けないと出来ません。また音を少しつけることで発声よりは軽く声帯を使うので、声帯のトレーニングにも使えます。 なので声を出す前の準備としてやる...

昭和53年、国鉄のCMソングとして山口百恵が歌いました。 自分では全く覚えていないのですが、とても小さい頃、百恵ちゃんの大ファンだったそうです。 確かに小さい頃の写真では壁中に百恵ちゃんの写真?本の切り抜き?みたいなものを貼っていました。 ということは私の原点は百恵ちゃんだったん...

季節的にはもうすぐ秋になります。 でも外は夏真っ盛り。 暑い、暑い、暑い。 暑さの疲れも出る時期です。 小さめな向日葵の花で元気を取り戻してほしいと思い作りました^_^。

昭和52年に小学校1年生の教科書に必ず載せるようにと決まりましたが、多分もっとずっと前から存在する曲だと思います。 「ザ・童謡」という曲ですね! YouTube→ https://youtu.be/TS7GsgLCJFE (音楽療法 始天 うみ)

音楽療法の現場でピアノを弾いてくれている「そんそんさん」の誕生日ブーケです。 YouTubeでも頭だけしか見えてないですが弾いてくれています。 いつもありがとね^_^。

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ