全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【一歩】

【一歩】

何かをはじめたばかりのころは、一歩を踏み出す楽しさにみちあふれている。
知らないものを知れる喜び、上達していく達成感、次に何があるのかのワクワク。

その期間が過ぎていくと、何となくポイント的なものがわかってくる。ほとんどのものごとは基礎的なポイント(最低限おさえておくべきもの)は数個であり、あとはその繰り返し、また底上げということに気付き始める。

そして、第一次分岐点がある。
それを本当に続けるのか、自分の人生にとって必要であるのか、お金と時間を使う価値はあるのかと。

それをこえると二つのパターンに別れる。
1つは必要性を見つけ出し先の一歩を踏み出す人。
1つは先生等と性格があい、何となくその時間が楽しいから続けていく人。

まぁ、どちらもありではあるが(^_^;)。

そのあとはまぁまぁ長く続いていくことになるのだが、学ぶ姿勢が違うので教える側も多分変えていく必要性が出てくる。もちろん変えないでついてこれる奴だけついてこい!的な職人気質の方もいるし、打算な方もいる。


ここまで書いて私は何でこんなことを書いているのかと頭に?が浮かんだ。もともとこのブログは感じたことをそのまま書いてしまうので、たまにおいおいこんなこと書いて大丈夫か?と後で思うことも多々あるのだが、それでも今これを書いているのは何か意味があり、何かを伝えたいと思っているからだろうと勝手によいほうに解釈しようとしている自分がいる(^_^)。

最後に私は生徒さんにはいつでも一歩、いや半歩でも前に進んでほしいと考えている。歌を上手くなりたいという人もそうだが、どちかというと、音楽を通じて実りある美しい人生にしてほしいと願い、また音楽を通じて自分自身の何かを変えたいと思っている人の手助けができればと思っている。

ちょっとながくなってしまったが、そんな感じだ。

 

(2015年11月9日(月) 13:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

ブログ記事 ページ先頭へ