サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 ボーカルスクール 克 スクールブログ 自分の歌を記録...

自分の歌を記録に

生徒の皆さん、随分と寒くなってきましたね。
くれぐれも、喉の乾燥にはご注意を!

さて、今回のテーマは、
【自分の歌を記録に】
です。

生徒さんの中で、バンド活動など行っていない方も多数います。

カラオケなどのレッスンで、レベルアップも可能です!
自分が好きな曲などを、記録として残すと復習にもなりますし、その時の記録、作品にもなりますよね。

今のカラオケルームですと、オケに合わせて歌を録音出来るシステムも有ります。

記録として、自分だけのアルバムとして、多数の歌を録音してみては!

後々、色々と役に立ちますよ♬

カラオケでは、エコーの上げ過ぎには、ご注意を。
自声や、声量を知るためには、なるべく避けましょう。

自分の歌を記録に

(2015年11月2日(月) 19:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

25年以上のキャリアは伊達じゃない!ゼロ~弾き語りまで、ロック好き必見

新着記事

お久しぶりのブログ更新です。 自身の音楽活動が忙しく、やっと落ち着き始め、生徒の皆さんへ、ブログ更新です。 今回のテーマは、 【生のロックサウンドに負けない声とは】 です。 カラオケとは違い、やはり生のロックサウンドは違う楽しさが有ります。 しかし、実際、生のロック...

生徒の皆さん、お元気でしょうか? お久しぶりです! 自身の活動が多忙で、ブログ更新も本当、お久しぶりです! 春ですね、新たなスタートをきる方々も沢山いると思います。 音楽を身近に、歌をお好きな方は、大いに歌いましょう!

生徒の皆さん、お久しぶりです! すっかり、春ですね。 さて、今回のブログテーマは、 【リズムを感じるポイント】 カラオケや、バンドサウンドで、歌を唄う場合、自身でリズムを感じるポイントを明確にすると、歌にノリが加わってきます。 ただ、漠然とバックサウンドを聞いて歌を唄って...

生徒の皆さん、お元気でしょうか? 気が付けば、年末ですね! さて、今回のテーマは、 【ダンスなど、表現力を高めていきましょう】 です。 まず、ボーカリストと言うのは最低限の歌唱力は勿論、必要ですが、ただ歌が上手いだけでは、ステージや、人前に立つ時、オーディエンスに伝わらない場...

今回は、歌声をコンスタントに出す重要性について。 歌声と言うのは、会話している時の声とは異なり、コンスタントに出していないと、せっかく鍛えた筋肉の様に明らかに減退していきます。 過度なトレーニングは危険ですが、週一度位はしっかりと歌いたいですね。 生徒さんの中で、サビの一...

ブログ記事 ページ先頭へ