サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング北海道 MusicCrossボーカル教室 スクールブログ King of...

King of Choir

 17日(水)に家族でコンサートへ。イギリスのクヮイア「タリス・スコラーズ」が札幌キタラ大ホールにやってきたのだ。過去に旭川で2回聴いたことがあったので,今回は3回目。キタラ大ホールに彼らのハーモニーがどのように響くのか,楽しみでもあった。加えて今回は学校で合唱団に入っている我が子二人にも,世界最高と評される彼らの「本物の歌声」を聴かせたかった。

 ルネサンス期のポリフォニーが彼らの真骨頂であるが,各声部の音の流れが止まる曲の終わりには,人間の声と言うよりもパイプオルガンの響きにもにたハーモニーが,心地よい余韻を伴って響いた。また,かつてバチカンの門外不出の秘曲とされていた「ミゼレーレ」の二重合唱では,ステージ上に5人,客席最奥後方に4人,ステージ後方のオルガン前に1人が立ち,10人でホールのすべてを使う演出。私の席からは3カ所から響いてくるそれぞれの響きの音像が移動して,空間の広がりを感じられた。また,最後の全員合唱ではホール全体を10人の声が包み込むという素晴らしい音の演出に感動させられた。

 音程の正確さ,音色の統一感,一人一人のアンサンブル能力の高さが生み出す,究極の合唱。とともに,無理なく響く心地よい声の響きににも耳ならず心までうばわれた。

 毎回聴くたびに新しい発見と感動を与えてくれる彼らの演奏は,やはりCDではなく生で聴くことが大切だと再認識させてくれた。良い音を知ること,それがステップアップへの確かな道なのだ。

 

(2015年6月19日(金) 12:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

教師歴30年!合唱交流使節団の指揮者として渡欧・渡米の経験も

新着記事

 ボーカルトレーニングのレッスン生の皆さんは,「この歌がうたえるように」「もっとうまく歌いたい」などのご希望をお持ちになっています。こちらはお一人お一人のニーズに合った方法を探りながら,お互いに手を携えて歩んでいくのですが,その過程で思わぬ言葉に出会うことがあります。  ある生徒さんにと一緒...

 17日(水)に家族でコンサートへ。イギリスのクヮイア「タリス・スコラーズ」が札幌キタラ大ホールにやってきたのだ。過去に旭川で2回聴いたことがあったので,今回は3回目。キタラ大ホールに彼らのハーモニーがどのように響くのか,楽しみでもあった。加えて今回は学校で合唱団に入っている我が子二人にも,世...

 指導している合唱団の練習に情報誌の編集担当者が来て下さり,1時間ほど練習風景の撮影と取材をして下さいました。現在15名ほどの小さな合唱団で,昨年7月に結成されたばかりです。6月末のステージ本番に向けて,今日は息を支える筋肉を変える発声練習を組み入れました。横隔膜の支えを確実なものにして,声の...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta