全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング埼玉 響ボーカルスクール スクールブログ 歌詞の重要性!

歌詞の重要性!

サイタボーカルcoachの山村響です。

昨日は新宿のlivebar「スモーキンブギ」でライブに出演しておりました。

4曲歌わせていただきましたが、お客様に良い評価をいただきました。

今回は、歌う時の「歌詞の重要性」について書いてみたいと思います。

歌う場合は
 ①音程 ②リズム ③テンポ と 歌詞を覚えて歌います。

どれもみな大切です。

 音程がずれていても、リズムがあっていなくても、テンポがずれていても

 曲としては不完全なものになってしまいます。

でも、ほとんどの人はこれらのことは練習してクリアできるものだと思います。

そこで、次に気を付けたいのが、歌詞の扱いです。

歌詞は、その曲のドラマです。

いろんな方の歌を聴いていて感じることは、歌詞を大切にして歌っている方が

少ないように思います。

 それらしく曲を覚えて歌っているのですが、これでは聞く人に説得力が

ありません。

 良く歌っていても、「上手だね。」「声がいいね。」までにとどまっていませんか。

プロの方には、声の良い人、そうでない人、歌い方がそれほどうまくない人も

見受けられますが、素人と何が決定的に違うのでしょう。

それは、聞き手に対する説得力が半端ではないのです。

そこそこうまくて、「プロを目指している方でどうすれば聞き手に感動を与える

歌が歌えるのか」悩んでいる方はいませんか。

メロディーラインをもっとうまく歌えれば、もっと良く通る声が出せれば・・・と

考えているとすれば、それは間違いです。

いくらメロディーラインをうまく歌えても、良く通る声が出せても、それが

聞き手に感動を与えることにはなりません。

そこで先ほど申し上げた「ドラマ」、歌はドラマであるということです。

※歌に描かれたドラマを自分の言葉で語ることが、聞き手に伝わる歌なのです。

歌を歌っても、感動を与えることにはなりません。

ドラマを自分の五感のすべて使って「語る」ことです。

すなわちプロは歌詞を聞き手にどう伝えれば、聞き手の心をつかめるかを

知っているのです。

ダダ歌を覚えて、メロディーをなぞって歌っても、聞き手を感動させることは

できません。

歌は歌ってはダメなのです。自分の言葉で語ってください。極端な言い方ですが

これは真実です。聞き手は歌詞の中の1つの言葉に心を動かされるのです。

歌う側が大切なものを届けないで、聞き手に伝わるはずがありません。

歌詞は何よりも大切に扱ってください。歌詞に描かれているドラマを

完全に自分のものとして消化して、自分の言葉として語ったときのみ、

聞き手の心を動かすことができるのです。ちあきなおみ・テレサテン

美空ひばり・尾崎紀世彦・布施明・吉幾三・さだまさし・・・いかがですか

これらの皆さんは、自分の声スタイルで物語をしっかり伝えて聞き手の心を

つかんでいます。これが本物のプロなのです。


※このブログの文章は著者である山村響に帰属します。
全文、一部とも無断転載を固く禁じます。



















歌詞の重要性!

(2015年6月9日(火) 20:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ミラノ音楽院留学経験有り。音楽に精通した講師が、明るく陽気にレクチャー

響ボーカルスクール
山村響 (ボーカルトレーニング)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・南浦和・高崎・赤羽・大宮・鴻巣・行田・熊谷・籠原・深谷・...

ブログ記事 ページ先頭へ