全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング埼玉 響ボーカルスクール スクールブログ ボイスコントロ...

ボイスコントロールのまとめ

こんにちわ。

響ボーカルスクールの山村響です。

今回は、これまでブログで紹介したボイスコントロールの

まとめを書いてみたいと思います。

重複の部分が多くなると思いますが、順序立ててわかりやすくまとめたいと思います。

1.一つのポジションで歌おう。(ステッサ・ポズィツィオーネ)

 ア、顔の正面の鼻の高さ前方15㎝にポジションを決めてください。

 イ、いつもその点に向かってきちんと発音することに心掛けましょう。

 ウ、音階が縦に並んでいる意識から、水平に前方に並んでいると、意識を

   変えてください。(低い音は下にあって、高い音は上にあるは間違いです。)

2.スマイルで歌おう。

 ア、1.のポジションで歌うために両頬を上げてスマイルで歌います。

 イ、いわゆる、落ちた声にならないようにするためです。

 ウ、スマイルを作ると軟口蓋が上方に上がり明るい理想的な声を作ります。

3.話すように歌いましょう。「コメ・パルラーレ」

 ア、息を沢山吸うことより、息を細く少なく出すように意識しましょう。

 イ、つまり、歌う意識から歌詞をしっかり発音すること「しゃべること」

   をイメージしてください。

 ウ、歌おうとすると、息が沢山出て行ってしまいます。その結果次の

   ブレスでいっぱい吸わなければと言う悪循環に陥ります。

 エ、実際良い状態で歌っている時は息はほんの少ししか使っていないのです。

4.一つのポジションで歌える支えを準備します。

 ア、真っ直ぐ立ち、両足の親指を中心に地面をつかむようします。

 イ、前重心にします。

 ウ、これから重いものを持つ時をイメージしてみてください。

 エ、この姿勢で、下腹部(丹田)に力を入れていってみてください。

   お尻が(殿筋が)内側下方に締まっていくのが感じられると思います。

5.下あご、首、肩をリラックスさせる。

 ア、リラックスさせるためには、歌う前に柔軟体操をしっかり行いましょう。

 イ、こわばった顔だと、硬い声になってしまいます。

 ウ、いつも笑顔で歌いましょう。両頬を上げて歌うことで顎に力が入り

   にくくなるでしょう。

 エ、肩に力が入る時は、支えができているか点検してください。下半身は

   しっかり支え、肩や首はリラックスさせましょう。

6.歌の練習では、次の事に気を付けましょう。

 ア、しっかり睡眠をとって、体力気力とも充実させる。

 イ、起床後最低2時間は体、声帯が起きていないので歌わないよう
   にしましょう。

 ウ、柔軟体操、発声練習を行ってから歌いましょう。

 エ、ただ歌うのではなく、練習の目標を決めて取り組みましょう。

 オ、自分の歌った歌を録音してどうなっているか常に確認しましょう。
   自分の声・歌がどうなっているかを知ることがとても大切です。

 カ、全身のを映せる鏡の前で練習しましょう。

 キ、疲れて歌う気力が薄い時は、無理して練習せず体、声帯を休ませて
   あげましょう。その場合、いろんな人の歌を聴くことをお勧めします。

 ク、高い目標を決めるのではなく、手の届く目標を決めて達成したことを
   確認しながら進めることで、手ごたえを感じられると思います。

 ケ、練習曲を3曲用意し、じっくり取り組むことで声や表現力が良くなると
   思います。

 コ、練習には3つのキーの音源を用意することで、喉に負担をかけず
   効果的な練習ができると思います。

 サ、声を出して歌を練習までに、歌詞を声を出して何度も読み、メロディー
   も頭に入れてから練習することで、喉への負担を少なくしましょう。

 シ、「焦らず、休まず、あきらめず」やっていけば必ず成長していけます。

  体験レッスンお待ちしております。

  ※写真は私が23年間お世話になっている合唱団です。
   明るく美しい声が育っています。






 

 









ボイスコントロールのまとめ

(2015年5月17日(日) 9:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ミラノ音楽院留学経験有り。音楽に精通した講師が、明るく陽気にレクチャー

響ボーカルスクール
山村響 (ボーカルトレーニング)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・南浦和・高崎・赤羽・大宮・上尾・鴻巣・行田・熊谷・籠原・...

ブログ記事 ページ先頭へ