サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング埼玉 響ボーカルスクール スクールブログ マイクに声を載...

マイクに声を載せるには・・・?

こんにちわ。
       響きボーカルスクールの山村響です。

今回は ~マイクに声を載せるには~について書いてみます。


マイクにも単一指向性とそうでないものがあります。

見た目では、口に持ってくる所が丸くなっているものと平らな面

になっているものがあります。

ちなみに、平らになっている方は単一指向性なので平らな面を口と直角に

向けることをお勧めします。丸くなっている方は比較的どの角度でも

声を拾ってくれます。


◎それでは「マイクに乗る声」とはどんな声でしょう・・・?

これは、「発声や発音」と密接な関係にあります。

ベルカントの発声ではしばしば「話すように歌いなさい」と言われます。

うまい歌い手の歌をよく観察してみてください。

言葉が大変明瞭であることに気づかれると思いませんか。

しかも声に方向性が感じられ、音色が統一されていませんか。

明瞭に発音されている声はマイクに無条件で乗る声なのです。

それでは、マイクに乗る声はどうすれば出せるのでしょう・・?

下半身で息を支えて、マイクに焦点を合わせてしっかり話す(しゃべる)

ことです。

◎下半身の支えとは・・・?

これが歌手にとって1番の課題なのです。

これについては、誤解を招くと困りますので実際のレッスンの中で

分かりやすくご説明させていただきます。

明瞭に発音して歌うためには。下半身の支えとコントロールされた息で

いかに細く(点で)発音するかです。

ホースから出る水を手で絞ってあげると、遠くまで届くイメージです。

一般に、歌おうとすると息を吸って、そして息をたくさん出して歌って

しまいがちです。

息が多いと声の輪郭がぼやけたものになってしまい、マイクに乗りにくい

声になります。

しゃべる意識で、針の穴を通すように発音することで声に勢いと方向性ができ

結果、集められた声がマイクに届き、いわゆるマイクに乗る声になります。

「コメ・パルラーレ」話すように歌いなさい。の意味です。

下半身の支えとコメ・パルラーレが滑舌の良い魅力的な歌を作りあげます。

しかし、もう2つ大切なことがあります。それは・・・・

声の「ポジション」と「ゴーラアペルト=喉を開ける」です。

このことについては次回お話しさせていただきます。

体験レッスンお待ちしております。

わかりやすい資料を用意してお待ちしております。

受講して良かったと言っていただけるようにしていきます。

サウンドクラウドに5曲アップしています。

検索は「サウンドクラウド」→「山村響」でサーチしてください。





















マイクに声を載せるには・・・?

(2015年5月12日(火) 2:26)

前の記事

次の記事

新着記事

ボーカルcoachの山村ひびきです。 この度、ミュージカル「ヴィクトワールの告白・アラビアンロード」にロランド伯爵役 で出演することになりました。 ①期日 8月10日・11日昼夜2回公演(計4回) ②会場 座・高円寺2(JR中央線高円寺駅徒歩5分) ③ticket 5000円...

練習と本番の違いについて          vocalcoach山村ひびき 皆さんは練習ではうまくできたんだが、いざ本番になると緊張のあまり 実力が出せない。と感じていませんか? ではどうしたら本番で練習したことが出せるようになるのでしょう・・・。 練習では・・・気持ちに余裕が...

皆さんこんにちは。ボーカルcoachの山村響です。 4月14日下北沢の庄野真代さんのお店で開かれた、大野恭史さん主催の 「音楽家&音楽関連業界関係者の交流会」で歌わせていただきました。 80名くらいの参加者でした。 6組が持ち時間それぞれ10分のパフォーマンスを行いました。 今回は「...

こんにちは。 ボーカルcoachの山村です。 4月のライブ出演情報  4月10日(日)・5月8日(日)ウニクス秩父「うたいびとlivein秩父」    11:00~ 14:00~の2回出演いたします。    ショッピングモール野外ステージ、観覧無料です。      ※昨...

こんにちは。 響きボーカルスクールの山村響です。 この度ミュージカルに出演することになりました。 オリジナル「ヴィクトワールの告白・アラビアン・ロード」 2016/8月10日・11日 4回公演 座高円寺2 JR高円寺駅 ロランド伯爵役 メインキャストで出演いたします。 セ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ