サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【ボール投げ③...

【ボール投げ③】

声をボールに見立てて投げる「ボール投げ」。

もうひとつのポイントは振りかぶりです。

音が高くなる=ボールが遠くに飛ぶ=放物線も大きくなる。これは前に話しましたね。
今日お話しするのは、放物線が大きくなるほど、パワーが必要になるということです。

手先、肩だけで遠投は難しいです。
身体全体を使い、大きく振りかぶって、相手に向かって、ボールを空へ放つ。

これは声でも同じです。
喉や口元だけを使ってもなかなか遠くへ声は飛びません。足の爪先からふくらはぎ、もも、腰の筋肉、腹筋、背筋、胸筋、腹式呼吸、支え、のどあけ、連動…ありとあらゆるものを使ってボールを飛ばす。

これが声です。

 

(2015年4月27日(月) 14:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ