全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 DTM講師に学ぶ、簡単ボーカル講座 スクールブログ 【ボーカル】な...

【ボーカル】なかなか音程が合わないあなたに

「上手い歌」の要素として音程は必要不可欠です。
声の高さが本来のメロディからズレてしまうと、楽器の伴奏と「不協和音」になり聴き手に違和感を与えます。

音楽の経験が無い方でも、不協和音という言葉は耳にしたことはあるのではないでしょうか?
音楽の世界にも実は決まり事があり、使っても良い音と悪い音があります。
ピアノで言うと、だいたい隣り合った鍵盤を同時に鳴らすと不協和音になります。

不協和音の具体的な例では、電車の踏み切りがあります。
踏み切りの警告音はだいたい、不安感を煽るために不協和音になっています。
踏み切りの警告音っていい気分しないですよね…。
(もちろん好きな方もいらっしゃるでしょう笑)

この不協和音は原則、曲の中にあってはいけません。
しかし上記のピアノの例で挙げたように、ボーカルの音程がズレる=ピアノでいう隣の音を声に出すという状態は、まさに不協和音です。

さらにやっかいなことにボーカルの音程はピアノのように12個の音で分けられるものではありません。
半音、さらに半半音のズレでもそれは違和感に繋がります。

このようになかなか音程の合わないボーカルを、「ピッチが甘い」と表現します。

ではピッチを取れるようにするにはどうすれば良いか。
まずは自分のクセを知ることが大切です。
声の低い人は本来の音から下にズレることが多く、高い人はその逆です。(もちろん全てがそうではありません。)
また音の並びや、出だしなど、どの部分でズレやすいかも人によって様々です。
このクセを見つけるには、自分の声を録音してみるのが一番です。
自分では上手く歌えているつもりでも、実は結構ズレているものですよ!

とは言っても、普通の家にはマイクもなければ、録音機材もありませんよね…。
かと言って携帯のマイクじゃノイズだらけで正しい音が測れないし…。
でも大丈夫!ボクのレッスンでは、必要な機能は全てそろえてあります!
もちろんボクはDTMの専門なので、専用の機材でバッチリ録音し、より精度の高い録音環境であなたの声を調べます!
一度あなたの声を測ってみませんか?

 

(2015年3月5日(木) 11:34)

前の記事

この記事を書いたコーチ

DTM講師の経験を活かし、曲の中で「活きる」声の出し方をあなたに伝授!

DTM講師に学ぶ、簡単ボーカル講座
永奥秀太 (ボーカルトレーニング)

東京・西日暮里・日暮里・上野・御徒町・秋葉原・南流山・新松戸・新八柱・西船橋・錦糸町...

ブログ記事 ページ先頭へ