サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【遺伝と環境 ...

【遺伝と環境 ③】

あの頃、私の音痴が子供に移ったんですよね~。

お母様が笑っておっしゃっていました。


どうやらお子さんが小さい頃に、お母さんの口ずさんでいた歌がハズレていたようです。
お子さんが小学校くらいになって、ふと歌っているのを聞いて気付いたそうです。

これも環境がもたらすものの一つ。


そのお子さんはその後、小学校のブラスバンドに入り楽器を経験し、正確な音を聞くようになり今では外れなくなったとお話していました。


それも環境がもたらすものの一つ。



遺伝や環境は決して悪いものではありません。
元々持っているものと育ってきた環境、そしてその上で本人が何を選択してゆくかによります。
多分一番大切なのは最後の何を選択してゆくかだと思います。
それによりいくらでも変われます。

そんな気がします。

 

(2015年2月21日(土) 14:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

新着記事

やはりアジサイは梅雨に似合います。 雨の色なのに雨に似合うんだなぁと。 日本人的ですね^_^。

例えばこんな歌、、、。 「城ヶ島の雨」 作詞:北原白秋、作曲:梁田 貞、唄:奥田良三 他 雨はふるふる 城ヶ島の磯に 利休鼠の 雨がふる 雨は真珠か 夜明けの霧か それともわたしの 忍び泣き 舟はゆくゆく 通り矢のはなを 濡れて帆上げた ぬしの舟 ええ 舟は櫓(ろ)で...

2番花はアプリコットが強く出ています。 お花は一回り小さくなりますが、なんとも優雅な雰囲気を醸し出しています^_^。

自然に枯れていく草花はある意味生命力を感じますが、植える場所が悪かったり、育て方が悪かったりして枯れた植物は悲しくなります。 前にも書きましたがハナミズキはたまに突然枯れたものを見ます。 青々と茂り生命力を感じる季節なだけにこの枯れ姿はやはり悲しみが込み上げます。

私の大好きな曲です。 なんと美しく哀愁のある曲なのでしょう。 さすがは北原白秋&山田耕筰コンビです。 でも曲としてはとても難しい曲で、2拍子と3拍子が交互に繰り返されます。 いつか自分のライブで歌いたいなぁと思ってます^_^。 YouTube→ https://...

ブログ記事 ページ先頭へ