サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【遺伝と環境】

【遺伝と環境】

声の質というものは、8割方家族からの遺伝、育ってきた環境により決まるといっても過言ではありません。

まずは骨格や声帯の形はほとんど遺伝です。
兄弟、姉妹、親子で声が似ているのは声を出す楽器としての身体が似ているからです。

音程やリズムも環境に影響されます。ご家族が聞いていた音楽が歌謡曲なのか演歌なのかジャズなのか、はたまたゴスペルなのか…により音の動き(メロディー)やリズム感などに影響が出ます。

お母さんの子守唄が外れているとお子さんはそれが正しいと認識して覚えてしまいます。(怖いですね~。)


はじめからプロを目指さす為に、完璧な音響の場所や楽器にしか触れさせない方もいるくらいです。
恐ろしい執念ですが、もしかしたらそれくらいのことは必要なのかもしれません。


なので幼いころに耳に入るもの、目で見るもの、手で触れるもの、匂いなど、感じるものがとても大切であるといえます。

今は幼児、児童の教育が昔に比べ確かに充実しています。いろんな習い事が出来る時代です。
お金をかければOKなのか?といわれれば決してそれだけでは得られないものもあるとは思いますが…。


ただ遺伝や周りの環境により音楽という要素は少なからず影響があることは事実です。

 

(2015年2月2日(月) 18:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

ブログ記事 ページ先頭へ