全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 ヴォーカルスクール「KOKOЯO」 スクールブログ 腹式呼吸につい...

腹式呼吸について(過去記事転載)

立て続けにこんにちは!(´∀`*)ノシ
もう一つのBlogに過去に投稿した記事なので、この間の記事と内容が被ってますが、少し違う内容もあるので、敢えて転載します。(^−^*)



  <序章割愛>

勉強&研究すればするほど、歌・・・そして、腹式呼吸というモノが、物凄く奥深いモノだと、しみじみ思います。
今日話したい事をひとつPickUpすると「腹式呼吸について」です!

だいたい歌をやってない方でも、「歌は腹式呼吸で」と云うことぐらいは知っていますね!
ちなみに、腹式呼吸と云えど、息が入るのは当然の事ながら「肺」です。
肺は胸の辺りにある臓器ですね!それなのに、おなかを使って歌う、という風に云う意味は、肺の下の方を膨らます・・・という事なのです。
横隔膜を下げる(内臓は横隔膜で圧迫される)事によって、肺の下の方の肺胞が膨らむワケです!
そして、更にそれにコントロール力も求められる。
わたしはそれを総称して、勝手に自分語で、「腹式力」と云ってますが・・・(笑)。

「胸式呼吸」も「腹式呼吸」も、同じ肺で呼吸しているワケで、「胸式」なのか?「腹式」なのか?・・はっきりとした線引きはないんですよね。
その辺、皆さんは疑問に思ってたんじゃないでしょうか???(゜0゜)???


わたしのレッスンでは、腹式呼吸をマスターするために凄く時間を割きます。
しかし、「腹式呼吸をマスターする」という言葉自体、あまり適切ではなさそうです!
「完璧にマスターした」という線引きが、これまた難しいからです。
ある日突然完璧に出来るモノではなく、少しずつ深い呼吸が出来るようになり、コントロール力が増す・・・というカタチで上達していくからです。

・・・なので、「腹式呼吸を完璧にマスターする!」という感じで目標を掲げるより、腹式呼吸と一生向き合っていく、みたいな考え方の方が、実のところ現実的かもしれません(笑)。


これは、わたしの考えですけどね!(^v^*)
でも、それぐらい腹式呼吸というモノは奥深く、簡単ではないと思って下さい。

みなさん!
ちょっとずつでも、自分のカラダと常に向き合って、自分の身体を研究&開発して下さいね☆

 

(2009年9月5日(土) 23:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

女性、初心者から圧倒的支持!経験豊富で個性を光らすエキスパート

ブログ記事 ページ先頭へ