全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室 スクールブログ 客観的に聴く。

客観的に聴く。

こんにちは。ボーカル講師の芽亜利・Jです。



ここ1〜2年、口を酸っぱくして言っているせいで

やっと、

ほとんどの生徒さんがレッスンを録音するようになって来ました。

せっかく貴重な時間、貴重なお金を使っての個人レッスン

録音して何度も聞き返さなきゃ、もったいないです。



と同時に

自分の歌も、しっかり聴いてみて下さい。



レッスンの時に出来た「アレ」

次の日にまたやってみたら出来ない。。。

なんて事ありますよね。



また

レッスンの時に先生に「出来ましたね!!」と褒められたけど

自分ではしっくり来ない。。。違いが分からない、なんて時も

後から聴き直すと、「ああ、こういう事だったのか!」ってこともあります。




できれば一人で練習する時も

録音して聴き返す、と言う事をやってみて下さい。




自分が歌っていて気持ちいい歌い方



人が聴いて気持ちいい歌



違います!!




ここ大事!!




バラードを歌うとき、

語尾をだらだら伸ばしてしまってませんか?

それは、自分に気持ちのいい歌い方。

むしろボソボソっとつぶやくように

短めに言葉を発する方が伝わったりするのです。



なあんて事は

ひとりで気持ちよく歌ってる時はなかなか気付けません。




せっかく歌を習おう、と思い立ったのなら

「自分の口から出るまで」だけではなく

「誰かの耳に入るまで」

しっかり歌ってみませんか^_^

客観的に聴く。

(2014年12月8日(月) 17:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

カフェで聞こえる安らぎの歌声!聞惚れる歌声と丁寧な説明は定評

芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室
芽亜利・J (ボーカルトレーニング)

渋谷・武蔵小杉・武蔵新城・溝の口・都立大学・自由が丘・池尻大橋・宮前平・たまプラーザ

ブログ記事 ページ先頭へ