全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 R.L.D. Vocal School スクールブログ ハイトーン(ミ...

ハイトーン(ミックスボイスに対する勘違い)

様々なミックスボイスに関する情報を色々なサイトや音楽雑誌等で見受けられます。

また、自分自身もビーイング音楽振興会でミックスボイスについて習いました。

多くの説明は抽象的で雰囲気的な説明でわかりづらいです。

また、講師自身がミックスボイスができる方の説明も、両極端と言うか片側からのアプローチしかしてこなかった説明が、私が拝見した限りでは100%でした。

私自身は2つのアプローチによりミックスボイスを体得しています。

ミックスボイスに限らず発声はハイトーンもロートーンも同時にトレーニングするのが基本で、ご多聞に漏れずミックスボイスも然りです。

最近は安直にファルセット(裏声)から地声を混ぜてミックスボイスにしようとする情報を多く見受けます。

これは日本でミレニアムから始まったR&Bブームの影響かと思います。

当方はHR/HM上がりのシンガーなのでより地声と言うか太くブレずにビブラートもかけられるミックスボイスを、当方ではミックスボイスと呼んでいます。

そうでなければまだまだ裏声レベルですし、当方はオペラ的な響きと声量のあるヘッドボイス、シャウトも指導しております。

ただグロウルは浅いのでよそへどうぞ(^^;;

ヘヴィメタルがロックというジャンルの最高峰と呼ばれる所以はこういった発声からもおわかりいただけるのではないかと思います。

話を戻しますが、太く本物のミックスボイスを出すには、私は地声からのシャウトとファルセットを太く出す両面からの練習をほぼ毎日やりました。

ミックスボイスのコツは誰でも短期間で理解はできますが、それを繰り返し繰り返し練習するだけでは足りなく、本物を体得するのは容易くありません。

厳しい様ですが、出来たと勘違いをして理解して欲しくないので当方の生徒にはクロストレーニングを含めて、圧倒的なミックスボイスを体得し師匠を超えられる様に指導しています!

小手先で本物のミックスボイスが出来たら、世界中スーパーボーカリストだらけです!!

どうぞ日々の鍛錬をなくして体得できると思わないで下さいね。

ハイトーン(ミックスボイスに対する勘違い)ハイトーン(ミックスボイスに対する勘違い)

(2014年8月27日(水) 21:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

作詞家の世界観まで表現!趣味~オーディションでの発声をサポート

R.L.D. Vocal School
Wildtackey (ボーカルトレーニング)

横浜・戸塚・桜木町・関内・東戸塚・戸部・天王町

ブログ記事 ページ先頭へ