全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 ボーカルスクール 克 スクールブログ 渋谷O-EAS...

渋谷O-EASTライヴ終えて。自分の声量に合わせてセッティングを

生徒の皆さん、お久しぶりのブログ更新です!
暑くなりましたが、皆さん御元気ですか?

さて、今回は【自分の声量に合わせてセッティング】
をテーマに書いてみたいと思います。

7/5(土)に、渋谷O-EASTというホールクラスの箱で1800人を越える観客の前で歌ってきました。
これは、エマージェンザドイツフェス2014日本決勝ファイナルのライヴで、私が活動しています、THE TISTというバンドが、準決勝&予選を観客投票一位通過しまして、日本一&ドイツフェス出演をかけてライヴでした。

予選から、決勝まで約140バンドエントリーから、13バンドのみ出演出来る日本決勝ファイナルでした。

普段、共演はしない様々なジャンルのバンドさんとの共演で感じた事は声量が大きいからと言って、大きなホールクラスですと、はやりボーカルのセッティングや、声の抜けを怠ると思うような感じになりません。

確かに、声量は大きい方が良いと思いますが、無闇に声量に頼りすぎても、楽器隊とのバランスが崩れてしまいます。

小さなライヴハウスや、スタジオ練習などの時に、マイクから少し口を離しても、気持ちよく抜ける程度のマイクセッティングが、やはりどの大きさの箱でも、綺麗に声が抜けると感じました。

あとは、各箱のPAさんにある程度任せるのが良いと思います。気になる所を付け加える程度で。

PAさんに、あれこれ注文を沢山いう方もいるとは思いますが、まず彼たちはプロとして、数々のプレイヤーを見て聞いてるはずですからね。

カラオケなんかも、マイクから少し口を離して、気持ちよく抜ける程度の音量設定だと、低音、高音、ビブラートなど上手くいくと思いますよ♪


では、まだまだ、暑くなりそうですので生徒の皆さん、体調には気を付けて下さいね!

渋谷O-EASTライヴ終えて。自分の声量に合わせてセッティングを

(2014年7月14日(月) 15:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

25年以上のキャリアは伊達じゃない!ゼロ~弾き語りまで、ロック好き必見

ボーカルスクール 克
克 (ボーカルトレーニング)

品川・恵比寿・渋谷・都立大学・自由が丘・池尻大橋・六本木・三田

ブログ記事 ページ先頭へ