全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ケンスケ ボーカル教室 スクールブログ ♪プチ“あの人...

♪プチ“あの人”分析~森山直太朗さん~


お疲れ様です!
ケンスケです!

先日、娘と七夕のお祭りに行って来ました。
めちゃくちゃ混雑で、チビなケンスケはモミクチャにされて来ました( ̄~ ̄;)ww


さてさて、先日のミックスボイスの“あの人の場合”がウケが良かったので、プチシリーズ化してみます(笑)


今回は“森山直太朗”さん。
彼を代表する楽曲『さくら(独唱)』で、少し探ってみましょう♪
ーーーーーーー

森山直太朗 - さくら(独唱): http://youtu.be/p_2F2lKV9uA

ーーーーーーー

『さくら』と言えば、日本語の力強い語感と彼の熱い唄、特に所々に入る印象的なファルセット(裏声)は、おそらくヒットに繋がった一つの要因でしょうね。

今回のチェックポイントは、まず『子音』。

この楽曲での主役の一つに子音があります。
全体を聴いていると少し分かりにくいかも知れませんが、破裂音や摩擦音(バ行やパ行、サ行やカ行etc)が通常より強めに入っているのが分かります。
この子音を強調した歌い方が、言葉をより力強く、真っ直ぐに伝えていますね。

更に専門的に言うと、フレーズの立ち上がりに程よい『タメ』と言う、リズムをやや後ろにズラす技術を使っています。

この2つで全体の力強さ、真っ直ぐさが表現されていますね。

そして彼の真骨頂である『ファルセット』つまり裏声です。

実はこのファルセット、良く聴くとエアリーなファルセットや膨らみのあるピュアファルセット、サビの一番の盛り上がり部分ではヘッドボイスに近い、細く繊細なファルセットを使っています。

パッと聴くと、メロディが覚えやすく、メリハリが分かりやすく、歌詞も共感出来る素敵な楽曲。

でも唄ってみて初めて、上手く歌いこなせない事に気付く楽曲ですよね

ですが、力強い複数の子音と複数の繊細なファルセットを、綿密に丁寧に唄うからこそ、この楽曲の本当の良さが伝わるんです。

実はこの楽曲は、もっと沢山のテクニックの上に成り立っています。

それはまたの機会に( ´∀`)σ)∀`)


また次回の“あの人”シリーズ、お楽しみに!

♪プチ“あの人”分析~森山直太朗さん~

(2014年7月9日(水) 10:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

受講生が大手オーディションのグランプリに!丁寧なカウンセリングで安心

ブログ記事 ページ先頭へ