全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ケンスケ ボーカル教室 スクールブログ ♪ミックスボイ...

♪ミックスボイス④~自分が楽器である認識~


お疲れ様です!
ケンスケです!


はい!
ついに愛用のガラケーが壊れました!
遅ればせながらスマホになりました!


さて、前回のミックスシリーズでお話しした内容です。

今回の一連のミックスボイスの概念ですが分かりやすく言うと

『実践力として自分の<出せる>音域を、<使える>音域に変える』

と言うことです。

その1つの例として平井堅さんをピックアップさせて頂きました。


そして今日お話しておきたい事として

『自分が楽器である認識』を忘れないで欲しいのです。


縦笛はいつでも縦に真っ直ぐ。

トランペットはいつでも音の出口が朝顔の様に開いてます。

ギター、ドラム、ピアノ、、、

楽器の大半は決まった形から変わりませんよね?(一部除く)

当たり前ですよね(*^^*)


でも人間はどうでしょう。

動きまくりませんか?


先にも言った通り、音と音の変化を抑え、スムーズに音を変化させる今回の発声方法。

必要な1つとして緊張などから来る力みを抑え、人間と言う楽器から毎回同じ音を送り出す事。


その為には同じ部分で共鳴させるんです。


ミックスボイスから離れてきた気がするかも知れませんが、むしろ逆!

いきなり核心なんです。


つまりある部分で一定の共鳴を出し、それを幅広い音域で出すと言うことは、結果ミックスボイスを使わなければ難しいんですね。


ならば結果から求めれば良いじゃないですか。

なんだかタブーな雰囲気もありますが、正直、、、


『出来たモン勝ち』


だと思います!( ̄- ̄)ゞ


文章だけではなかなか伝わりにくいですが、あとは出した声をトレーナーがジャッジし、微修正して仕上げます。

是非皆さんの師匠に御指南してもらって下さい!



あぁ長かった(-_-;)




----------------------------------------------------------------------------


◆体験レッスンご希望の方へ

現在生徒さんが多数の為、体験レッスンの会場を講師宅のみにさせて頂いております。
また日時に関しましても、ご希望通りにお取り出来ないケースが珍しくありません。

大変申し訳御座いませんが、ご理解の上お申し込み頂けます様お願い申し上げます。


ケンスケ

♪ミックスボイス④~自分が楽器である認識~

(2014年6月19日(木) 5:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

受講生が大手オーディションのグランプリに!丁寧なカウンセリングで安心

ブログ記事 ページ先頭へ