全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ケンスケ ボーカル教室 スクールブログ ♪ミックスボイ...

♪ミックスボイス①~一人歩きのミックス~


お疲れ様です!
ケンスケです!

もう夏来てます?
多摩川に行ったら1時間で焼けました(笑)


さて!
昨晩はインディーズアーティストさんのボーカルディレクションでした。

すでにワンマンライブでは数百人を動員したり、タイアップソングになったり、力量はメジャーと同等です。

でもやはり苦手な部分は必ずある訳です。

それがブレイクポイント。

ブレイクポイント(注:以後『ブレイク』)とは換声点とも言い、分かりやすく言えば声がひっくり返る手前とか、喉にテンション(緊張)がかかって来る部分。

声はこのブレイクの度に声の質が変化しやすく、様々なシンガーがこのブレイクの解消に訓練の時間を費やしています。

ただネット掲示板などを見ると、ミックスボイスと言う言葉が一人歩きし、様々な勘違いが生まれています。

もしこの記事を読んでいるシンガーの方は、ミックスの重要な役割を見直して欲しいのです。

ミックスという技術は『高い声を出す』為の技術では無く、結果的に『実用的な声の幅が拡がる』ものなんです。

人により音域・声域は様々。
人によりブレイクも様々。

誰かと同じ高い声を出す事が重要なんでは無く、自分の声を支配する事が重要です。


次の『ミックスボイス②』では、一体何がミックスなのか考えてみようと思います。


あぁ、、、暑いι(´Д`υ)アツィー

♪ミックスボイス①~一人歩きのミックス~

(2014年6月2日(月) 10:39)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

受講生が大手オーディションのグランプリに!丁寧なカウンセリングで安心

ブログ記事 ページ先頭へ