全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング愛知 まちかどボーカルワークショップ スクールブログ 腹式呼吸が大事...

腹式呼吸が大事とは言うけど・・・

こんばんは!橋本尚平です。


歌では、腹式呼吸が大事だといいますが、
それはなぜかご存知ですか?


・・・という前に、
腹式呼吸というのは何かというと、
読んで字のごとく、「腹で呼吸」。


でも、何だかおかしいですよね!


呼吸は肺でするものなので、腹で呼吸は出来ないではないか!


・・・そうなんです。
腹式呼吸といっても、
息が入ったり出たりするのは肺なのです。


ではなぜわざわざ腹式というのか。


それは、横隔膜を下げることによって圧力を調整し、
肺に空気が入るように、また出ていくようにすることによって、
腹が間接的に膨らんだり萎んだりするからなのです。
 

だから、本当は横隔膜呼吸と言ったほうが分かりやすいと思います。


 (画像をご参照ください♪ 黄色い線が横隔膜です。
  あ、絵心無いんで見にくかったらスミマセン 笑)
 

一方、私たちが普段日常的に行っている呼吸があります。


それを「胸式呼吸」といい、
胸郭部分を拡げることで圧力を調整し、肺に空気を送ったり、
また出したりします。
 (画像参照)


そのため、肩が上がったりするので、
肩呼吸といった言い方をする人もいます。


で、ここで新たな疑問が生まれます。


なぜ、普段は胸式呼吸であるにもかかわらず、
歌では腹式呼吸を用いないといけないのか?
ということです。


勘の鋭い方だとお分かりかもしれませんが、
胸式だと肩が動いてしまい、
それがノドに余計な負荷を与えてしまって発声を阻害しかねないからです。


ところが、それでもやはり疑問。


歌は言葉の延長線上にあり、
また、人間の心を音として表現するものであるから、
歌うときだけ腹式にして歌うというのは不自然すぎるんではないか?


ということです。


ごもっともです。私もそう思います。
いくら胸式呼吸をして発声が犠牲になっても、
それこそが人間の生身の声ですものね。


にもかかわらず、腹式呼吸腹式呼吸と、
歌の世界では教え込まれます。


私はクラシック声楽出身なのですが、
そこでも当然のごとく腹式呼吸を教え込まれました。
理由は先述の通りで、発声の上でノドへの負荷が少なく、
効率がいいからです。


ただそれだけでした。


でも、実際、やってみると分かるのですが、
腹式オンリーで歌うなんて無茶な話なんですよね。


身体的には、腹式オンリーor胸式オンリーで呼吸するのは、
非常に不自然なんです。
それゆえ、息は全然吸えないわ無駄に力が入ったりするわで、
発声には逆効果。


上の方で、私たちは普段は胸式で呼吸していると書いたものの、
実は、腹式も交じっている!というのが真実です。
(とはいっても胸式の割合は頗る大きいですが・・・。)


そして歌うときは、腹式の割合が増えるというだけで、
胸式も積極的に使っていった方が、俄然効率よく呼吸することができます。
 (画像参照)


ただやはり、胸式をやりすぎると、ノドに負担が来ます。


普段の生活の会話でも、それは同じであって、
胸式に偏ればノドをいためやすくなります。


というわけで、これで疑問が一つ解決しました。


普段は胸式なのに歌になるとなぜ腹式か?


いいえ!普段の会話こそ、胸式にかたよりすぎているわけです。


「歌うように話し、話すように歌いなさい」
と、ノドの専門医に教わったことがありますが、
要するにそういうことなのです。


よって、歌うときに腹式呼吸を意識しないといけないのは、
普段の会話があまりに悪い発声であるからこそ、なのです。


腹式ばかりになれば腹ばかりに意識がいって全然息が吸えませんし、
胸式ばかりになれば肩ばかりに意識がいってノドに負担がかかります。


両方をうまい具合にミックスさせた呼吸こそ理想であり、
あとは歌の内容に合わせて加減しながら、
声に表現をつけていくのが好ましいのではないかと思います。



腹式呼吸が大事とは言うけど・・・腹式呼吸が大事とは言うけど・・・腹式呼吸が大事とは言うけど・・・

(2014年5月28日(水) 1:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バリトン~裏声を使った発声まで経験豊富。音大大学院卒の本格派コーチ

ブログ記事 ページ先頭へ