サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 まめたに あずさ ボーカルスクール スクールブログ 吐く息に音を乗...

吐く息に音を乗せて

こんばんは!まめたにあずさです。

今日は歌う時の息のコントロールについてお話したいと思います。

皆さんは歌う時どのような事を意識されてますか?

音程、リズム、ブレスの場所、腹式呼吸。
考えるべき事、守りたいルール、沢山ありますよね。

でも一度立ち止まって、まずは息の出しかたを考えてもらいたい。


歌をうたうのに頑張る必要はないということを理解してもらいたい。
頑張ると特に力んでしまいます。要らない意識が出てきてしまいます。

吐く息を、いつもの呼吸と同じように自然体で。
そこに音を乗せてとうイメージで。

頑張って歌わなくちゃ!大きな声を出さなくちゃ!
こう思ってる方は沢山います。
もちろん、場合によって張り上げたいフレーズ、聞かせたい場所はありますが、最初から最後まで頑張る必要はありません。

一曲を歌いあげるためには、息のコントロールがとても重要になってくるんです。




 

(2014年4月30日(水) 0:16)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ユニットで作曲も。ピアノ弾き語りに挑戦したい方は、特におすすめ

まめたに あずさ ボーカルスクール
豆谷梓 (ボーカルトレーニング)

川崎・戸塚・大船・藤沢・戸部・上大岡・屏風浦・能見台・金沢文庫・横須賀中央

ブログ記事 ページ先頭へ