全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 マサト歌う楽しさ発見スクール♪ スクールブログ 喉のブレーキで...

喉のブレーキではなく心のブレーキ

前回のブログ「歌はどこまで行こうと心だぜぃ」では、
歌の技法を行うにあたっての考え方を話しました。

ただもっと基本的な領域で、

大きい声を出せない。
という話はよく聞きます。

ただそうは言っても、
友だちと飲み会の時、びっくりした時、赤ん坊の時、
結構冷静になって思い出すと、大きい声を出してる瞬間ってあるんですね、
って事は、大きい声を出せる肉体はあるんです。

あとは恥ずかしいとか、もし変な声になったらとか、
色々考えがちです。僕もウルトラシャイ野郎だったので、わかります。

僕のレッスンでは、
・腹式呼吸の仕方、
(お腹の動き、必ずできてしまう動きを教えられます。)
・音感のトレーニング、
(基本僕はギターを持ち歩くので、ピアノがある高いスタジオにこだわらなくても、それこそ安いカラオケなど何処でも同じレッスンができます。)
・正しい発音、
(口の中の動きなので、これに関しては、わかりやすい図解で説明してる教材を持ってるので、ニュアンスより高い次元の情報を伝えられます。)


など、セオリーももちろんですが、
何よりまず、「歌うって楽しい」という事を是非とも知ってほしい。

ただ、漠然と歌うって楽しいと言っても、具体的に何か?
ズバリ2つあります。

それはまた次回に、ふふふ

 

(2014年3月13日(木) 13:04)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

4オクターブを出せる実力派!歌で人を感動させる秘訣、教えます。

マサト歌う楽しさ発見スクール♪
マサト (ボーカルトレーニング)

横浜・武蔵小杉・元住吉・日吉・妙蓮寺・白楽

ブログ記事 ページ先頭へ