全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室 スクールブログ なんだか落ち着...

なんだか落ち着かない。。。の原因

先日、友達によばれてある対バン形式のライブイベントを見に行った時の話。

出演者のひとりのシンガーのステージを見ていると
何とも居心地悪いような気がしてきてしまいました。。。

その人はオリジナル曲を3曲続けて歌ったのですが、

なんというか、
衣装と、その人の雰囲気と、曲調と、歌詞と歌いかたと。。。
一つ一つ、やりたかった事はなんとなく分かるのだけど
トータルでみると一体何がやりたいのか

例えば、
アイドル風の衣装で
本人は低音で聴かせるアダルトな歌い方
曲調はギンギンのロックで
アレンジはチープな打ち込み音源
歌詞は人生の応援歌

みたいな(-.-;)

やりたいことを全部やってみました、というのは気持ちは分かるのだけど
ずっと違和感が消えず
ラストにカバー曲を歌った時に、やっと、
ああなるほどね、こういうのをやってるんだ、と。
落ち着いて聴けました。


その人の先生に言いたい。
どうして、もっと彼女が魅力的に見えるようにアドバイスしないのか、と。
おそらく、自分でも何が向いてるのかわからない、
自分がどうみえているのか意識してないのでしょう。

好きなアーティストのまんまコピーをやってる若者の方がまだ落ち着く。
彼らには
○○みたいに歌いたい
○○みたいになりたい
という、確かな方向性が見えているからです。

誤解のないように言っておきますが、
その人のオリジナルな個性が出せるなら、それがベストだと思います。

が、まだ自分の個性が分かってない人には
まずお手本を与えてあげた方がいいと思います。

歌いたい!という気持ちだけじゃなく
どう歌えばいいのか、というお勉強が必要なのでしょうね。

 

(2009年7月10日(金) 15:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

カフェで聞こえる安らぎの歌声!聞惚れる歌声と丁寧な説明は定評

芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室
芽亜利・J (ボーカルトレーニング)

渋谷・武蔵小杉・武蔵新城・溝の口・都立大学・自由が丘・池尻大橋・宮前平・たまプラーザ

ブログ記事 ページ先頭へ