サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【ライブ】

【ライブ】

生=ライブ。

生身の人間が、声や楽器などを使い、音楽を奏でる。
多分それが音楽ライブ。

まぁ近い将来、歌い手も含めすべてが人間を使わなくなるかもしれませんが………それはさておき。


ライブ感というものは決して練習ではつかめないもので、こればかりは沢山練習すればよいライブができる訳でもなく、かといってちゃんとトレーニングしてないといいライブのできる身体はつくれないし勘違い野郎は別として自信はつかない。

いやはや。


それでもライブをやりたくなるのは不思議なもので、一度経験してしまうとその魔力は多分一生消えない。

だから歌を練習し、曲を作り、歌詞を書き、楽器を練習し、面倒くさい人付き合いもやってしまう。


なんとまぁ、素晴らしく非効率で、すばらしく美しいんだろう。

 

(2014年2月3日(月) 20:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

新着記事

ライブ当日は結構のんびりしているかもしれません。 緊張はしていますが、やる事はほぼ終わっているので、ゆっくりします。 この頃はレッスンも入れれるようになりました ^_^。 ただ私の場合、しっかりメイク等もあるので油断は出来ません。 その時間も十分に取り会場に出発します。 ...

夏のベランダはサウナにいるような蒸し暑さですが、こんな美しい葉の共演を見ていると涼やかな気分になります。

アーリーハイブリッドティーのドクターヘルフリヒの2番花はブラインド(花芽のつかない事)する事なく香り高い中輪の花を咲かせています。 梅雨時期なのでうどん粉病が新芽や蕾に出てしまっていますが、それでもこの美しさに育て甲斐を感じます。

沢山ブログにあげているギボウシですがこうやって花を見るとユリ科ということがわかります。 向こうが透けて見えそうな筒咲きの花弁から覗くシベはなんだか妖艶な雰囲気があります。

昭和31年大津美子によりヒットしました。 松竹映画「ここに幸あり」の主題歌です。 当時の結婚式ソングのナンバーワンだったそうで、歌詞を読むと時代がわかりますね^ ^。 YouTube→ https://youtu.be/oSJe3qOSegw (音楽療法 始天 ここに幸あり)

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ