全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング埼玉 パーソナルボーカルトレーニング スクールブログ 「ボーカル」と...

「ボーカル」と「楽器」の大きな違い!

いつも閲覧ありがとうございます!




ボーカル講師の
今泉 智貴です(*^_^*)





最近は、ますます冷え込みが厳しくなってきましたね~・・・

朝起きるのが辛いです(゜_゜)



でも、そんなこと言いながら、
朝の車出勤の車内では、歌いまくりですが(笑)
(自分でも朝から暑苦しいヤツだなと思います(^_^;))



ところで、
ボーカルトレーニングするみなさんは、
練習するときに「気を付けていること」はありますか?



特にバンドや、音楽仲間がいる方だと、
ギターの練習やベース、ドラムの練習方法を聞くこともあるかと
思いますが。。。



ある程度は、そういった楽器の練習ノウハウが応用できることもありますが、
大きな違いがあるとすると、

それは・・・


「ボーカルは身体が楽器」


ということです☆





・・・なにを言ってるんだ、当たり前じゃないか、
という声が聞こえてきそうですね(^_^;)



そうなんです!
その当たり前が大切で☆



たとえば、エレキギターは、コード繋いで、アンプにスイッチ入れて、
ジャーンっと、いきなりご機嫌な音出すことできますよね?
(そんなことはない!というギタリストさんいましたらごめんなさい(^_^;)
あくまで音を出す、という意味です☆)


一方で、ボーカルで
いきなりご機嫌、しかも最高キーで歌おうものなら、
いっぱつでノドにダメージがかかります・・・。


「あれ~?昨日までは声出たんだけどな~」
と、焦りは禁物。



ノドは、身体の機能の一部。

しっかり準備運動をして、ちょっとずつキーを上げていく。
(ちゃんと、ノドのストレッチ、筋肉をほぐすことが必要です!)

スポーツのウォーミングアップがあるのと一緒ですね(*^_^*)




また、ボーカルトレーニングをするときは、
長時間の続けての練習も注意☆

適度な休みを設けて(たとえば、30分に5分は休憩を入れる、など)
出来れば毎日少しずつ行うのがベストですね(*^_^*)



また、こまめに給水することも忘れずに!
出来れば、常温のお水が良いでしょう☆

ノドを潤しておくと、傷めにくくなります☆
http://matome.naver.jp/odai/2135038748003589501






ついつい楽しくて歌い続けてしまった・・・
バンド練習だと、ボーカルだけ休むわけにはいかない・・・

など、色々環境によるものもあるかとは思いますが、
その辺りは、周りの方にも説明して理解を求めてくださいね(*^_^*)


「ボーカルは身体が楽器」です☆




ご自身のノドを大切にしながら、
楽しいミュージックライフをお送り下さい♪





最後までご一読ありがとうございました!



今泉 智貴

 

(2014年1月19日(日) 19:27)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

基礎、音楽活動の始め方などなんでも相談OK!個性を引き出すレッスン

パーソナルボーカルトレーニング
今泉智貴 (ボーカルトレーニング)

新宿・池袋・西日暮里・日暮里・上野・御徒町・新座・北朝霞・南浦和・東川口・南越谷・赤...

ブログ記事 ページ先頭へ