サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室 スクールブログ 「コピー曲」か...

「コピー曲」か「カバー曲」か。

こんにちは^o^ 講師の芽亜利・Jです。



コピー と カバー の違いって分かりますか?

既に発表されている有名な曲を

元の歌手の音源通りに真似して歌うのがコピー

自分なりの歌い方で歌うのがカバーです。



私の生徒さんも、

ビートルズやカーペンターズと言った有名どころ

いわゆる「スタンダード」な曲を練習していらっしゃいますが

私は、まず正確に「コピー」する事から始めてもらいます。



もっと原曲を崩して、

自分流に歌いたい、と言われるかもしれない。。

でもね、

それは原曲を知り尽くして、勉強し尽くして

しっかり身についてからする事です。

歌詞カードを見なくても歌える

その曲のライブバージョンとCDバージョンの違いが分かる

他の歌手がカバーしたバージョンも聴いている

それくらいになってはじめて「カバー」が許されるのだと思います。



だって、、、、

原曲の発音すらおぼつかない

正しいメロディーすら知らない

リズムすら追えてない状態から

「崩す」なんて

原曲への冒涜だと思う。

誰もが知ってる曲だからこそ、

まずは完璧にコピーして、歌えるようになる。

そこからの「カバー」だと思うのです。




「自分だったら、この言葉はこういう風に歌いたい」とか

「ここのメロディーは、こういうふうにフェイクしてみたらどうかな」

とか

ちゃんとコピー出来てる人が言う事だと思います。




ジャズの場合は、カバーが基本なので

誰が原曲か。。が分かりにくいところですが

とりあえず誰かのバージョンでコピーして覚えるところから

だと思います。



崩すな、というのではなく、

崩す前に、ちゃんと作り上げろ、という事ですよ。。。^^;

変な崩し方をするくらいなら、

原曲に忠実に歌った方が勉強になります。






 

(2013年12月26日(木) 1:03)

前の記事

次の記事

新着記事

こんにちは。 ボーカル講師の芽亜利・Jです。 私は今、新曲のレコーディングの為に歌い込み中です! ひとつの歌をまず100回歌う。→ スタジオで録音してみる。 さらに100回歌う → またスタジオで録音してみる。   ←今ここ。 すると、 100回...

こんにちは。講師の芽亜利・Jです。 今日、とあるお付き合いで 素人さんの「カラオケ教室の発表会」を見て来ました。 立派な大ホール、きらびやかな衣装。 年齢層は、60〜80歳代 でしょうか。 どうしても演歌が中心なせいか、 私には残念ながらどの...

こんにちは!ボーカル講師の芽亜利・Jです。 最近、海外で活躍する一流のバイオリニストの演奏を、 すぐ間近で見る機会がありました♪ 音の素晴らしさはもちろん 印象的だったのが その方の息づかいが、ボーカリスト並みにきっちり計算され、制御されていた事。...

こんにちは^o^ ボーカル講師の芽亜利・Jです。 今、業者さんに電話していてふと思い出しました。 私もかつては、声にコンプレックスがあった、ということ。 もちろん、今でもそんなに「自慢の美声!」ってほどではないけど 以前の私は、自分の声にとても自...

講師の芽亜利・Jです。 昨日、第2回目の発表会を大盛況のうちに終える事が出来ました。 この日の為に、しっかり練習を積んで衣装や演出を考えて、お客さんを呼んでくれた生徒さん。 お疲れさまでした!&ありがとうございました! ほとんどの生徒さんの伴奏をして一緒にステー...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ