全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室 スクールブログ 外国語の歌がい...

外国語の歌がいまいちサマにならないのは何故?

ボーカル講師の芽亜利・Jです。



英語を始め、外国語の歌をマスターしようとする生徒さんも、最近増えて来ました。

歌のレッスンなのに、英会話教室のように発音指導の方が多い日もありますww



なぜ、「サマにならない」のか?


いくつかの原因が考えられます。


1、その言語に対する耳(聴覚)が発達していない。

身内が英語系の学校に行っていますが,

「聴覚トレーニング」という授業があるそうです。

英語には、日本語にはない高周波の音が混じっているのですが、

それは、日本語だけ聴いて育っているとなかなか聴き取れない。

なので、わざと高周波の音を耳に流し込んで、

その音がちゃんと認識できるように耳を鍛えるのだそうです。。。

歌の場合も、その言語の歌を浴びる程聴き込むことで耳が慣れて来ます。

聴こえなかった語尾の音、とかがだんだん聴こえるようになります。




2、発音が正しく再現されてない。

これも「よく聴いてない」のが原因ですが、

つい、カタカナ読みで読んでしまう。

because は「ビコーズ」ではなく、「ビッカーウズ」に近いし、

of は「オブ」よりも「アゥッフ」に近いです。

便宜上、覚えるためにカタカナで書く事もありますが、

できたら、耳から聴いたままで覚えて欲しいです。




3、リズムや音程がつくと再現できない。

例えば英語の子音の発音は、

t s h k p などの無声音から始まるときは特に、

意識して先に空気を出さないとそれっぽく聴こえません。

言葉として読むときは出来ていても、歌になると

サラーッと流れてしまって、そんな余裕がないですよね^^;

特にテンポの速い曲では、

その音符より一瞬早く空気を出すくらいでないと

聴いた時に子音がぼやけてしまいます。




4、言葉の意味がわかっていない。

英語ならみんな義務教育で習ってるので

なんとなく意味がわかりますね。

でもポルトガル語とか、フランス語とか、で歌う時、

全体の大まかな意味が分かっていたとしても

単語ひとつひとつの意味を知らなければ

歌詞に「言霊」が宿らず、歌い手としても気持ちが入りません。

「ソル」「フロール」「ルース」とただ発音をマネるのと、

それが「太陽」「花」「光」だとわかって発音するのと、

何が違うのか。。

たぶん、気持ちが表情に出て、それが歌に現れるのだと思います。




長くなってしまいましたが、

要するに、良く聴く、ことです!!

原語の歌を良く聴き、自分で歌ったのを録音して良く聴き

どこが違うのか、考えてみます。




初めは、分かりにくいかもしれません。。

しかし、体験レッスンに来る生徒さんを見ていると

「聴き込んでます」と言いつつ、まだまだ聴き方が甘いのです。




レッスンでは「ここまでやるのか。。」というくらいにやりますが、

一曲マスターすると、次からはだんだんコツが掴めて来ます。




どうせなら「サマになる」歌を歌いたいですね^o^

 

(2013年10月19日(土) 0:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

カフェで聞こえる安らぎの歌声!聞惚れる歌声と丁寧な説明は定評

芽亜利・J ボーカル&ピアノ教室
芽亜利・J (ボーカルトレーニング)

渋谷・武蔵小杉・武蔵新城・溝の口・都立大学・自由が丘・池尻大橋・宮前平・たまプラーザ

ブログ記事 ページ先頭へ