全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング愛知 1から学ぶボーカルレッスン スクールブログ 肩こりと歌の関...

肩こりと歌の関係

日々、パソコンに向かってお仕事をしてらっしゃる社会人のみなさ~ん!

毎日お仕事お疲れ様です!



パソコンに向かって仕事をしてるとどうしても、肩が凝ったりしますが、

今日は肩こりと歌の関係についてお話ししようと思います♪



単純に言うと、肩こりと歌は密接な関係があります。


そして、肩が凝っていると、身体全体が固まってしまうため、


声も出しにくくなってしまいます・・・。




歌を歌うときは、どうしても肩に力が入りやすいものです。

肩に力を入れすぎるのはダメだよ~!と、

僕も生徒さんには教えておりますが、

それでも「歌うために必要最小限の力をかける」ことは必要なことです。


しかし、肩が凝っている状態では「必要最小限の力」で歌ったとしても、

肩の周辺に違和感を感じてしまいます。



歌ってるときに、


なんだか、引きつっている感じがするなぁ・・・と、感じると思います。


それは、肩こりのせいです!!(>_<;)



肩は声の音源である声帯やその周辺の骨格ともつながっています。


なので、肩の調子が悪いとどうしても身体も固くなりやすいし、


声を出すときに苦しくなったりするのです・・・。



もちろん肩以外にも、

歌には現在の体調、精神状態も非常に深くかかわってきます。


歌を歌う人にとっては、自分の身体こそが楽器!

身体も、心も、常に最高の状態で歌に臨めるよう、心がけていきまっしょい!


Keep on Singing!!

 

(2013年10月11日(金) 22:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

マルチプレイヤーとして活躍。発声の構造~弾き語りまで、情熱のレッスン

1から学ぶボーカルレッスン
川上隆史 (ボーカルトレーニング)

名古屋・鶴舞・勝川・春日井(JR)・日進・栄・上小田井・上飯田・岩塚・今池・覚王山・...

ブログ記事 ページ先頭へ