全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ケンスケ ボーカル教室 スクールブログ ■吸う?吐く?...

■吸う?吐く?~腹式呼吸~■

お疲れ様です!
ケンスケです!


皆さ~ん♪
腹式呼吸、出来ますか?

ん?

出来ているか分からない?


皆さん素敵なボーカルコーチの方々に師事されているので、きっと大体はOKですよね?


だから今回はあえて詳しい説明は割愛( ´~`)ゞ
担当コーチに是非一度聞いてみてくださいね。


では何をやるのか?


それは【吸う】か【吐く】かを考えます。

そして結論から言うと【吐く】事がメイン。


例えば【呼吸】と言う文字。
これは【呼】と【吸】に分かれます。

そしてそれぞれに息を表す【気】を付けてみます。
すると【呼気】と【吸気】となりますね。


呼気とは『呼ぶ』時の息の流れを表します。
つまり『吐く息』な訳です。

逆に吸気は『吸う』時の息の流れ。
これはそのまま『吸う息』な訳です。


順番はどうですか?
【呼吸】の文字は『吐いて吸う』の順番ですよね。


更には『腹式呼吸』と書きますので、これ即ち『お腹から吐いて吸う』となりますね。


皆さんは腹式呼吸の練習をすると、吸うことばかりに気をとられがち。

まずは書いて字の如く『吐いて吸う』のストロークにシフトしてみて下さい♪


また近々のブログ内で『吐いて吸う』練習なんかもお届けしますね。


では日々の練習、楽しんで下さい♪

 

(2013年9月7日(土) 4:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

受講生が大手オーディションのグランプリに!丁寧なカウンセリングで安心

ブログ記事 ページ先頭へ