サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ボイススクール『声色』 スクールブログ 【方向】

【方向】

声についてのポイント「その3」としてあげられるのが「方向」です。

次回お話しする予定のものにも関連することですが、声帯でできた音を「あたり」を通り、体の「ひびき」を使い、体の外へ放出してゆくときに使う感覚が「方向」です。

まぁ読んで字の通り声の出て行く方向なんですが、これもやはり声により変わってきます。

低音(胸声)の場合、胸を通り、斜め下向きに放物線を描きます。

中音(中声)は、顔の真ん中ちょい上?あたりからでる声が斜め上30度くらいに投げられ、軽い放物線を描きます。

高音(頭声)は、後頭部から出た声が上へ上がり、円を書くように、前の方へ大きな放物線を描きます。


ポイントは、ここまでくると沢山あるのですが、いろんな放物線を描きながら前に飛んでいく事ですかね!

これも言葉だけだとキツイですね………。

絵を描きたい………(^_^;)。


次回は、声についてのポイント「その4」。
ついにフィナーレです!

 

(2013年9月2日(月) 19:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーアーティストも指導する先生!独創的な音楽観はアートそのもの

新着記事

ユリは英語でリリーです。 カサブランカ系でしょうか。 レモンイエローのユリが香り高く咲き誇っているようです。 夏のリースですね^_^。

明治からある曲ですが、作曲家は不明の曲です。 この曲は実は7番まであります。ちなみに7番の歌詞は… いで大船を 乗り出して 我は拾わん 海の富 いで軍艦に 乗組みて 我は護らん 海の国 皆さんが知っている1番や2番だけを歌うと海で遊ぶ子供をシメージするような童謡にも感じ...

大正2年に尋常小学唱歌として載せられた曲ですが、作詞者も作曲者も不明な曲でもあります。 高齢者の方々には「海」の曲といえばこの曲です。「海は広いな大きいな〜」ではないんですね〜^ ^。 たしかに曲としてはやはりこの曲の方が哀愁があり、雰囲気があり、いい曲だなぁと思います。 ...

心を少し涼しくしてくれるようなアレンジにしてみました。 シルバーリーフに白い花。 こんもりこんもり溢れていますね。 外のうだるような暑さを少しでも休めてくれると嬉しいです^_^。

ライブ当日は結構のんびりしているかもしれません。 緊張はしていますが、やる事はほぼ終わっているので、ゆっくりします。 この頃はレッスンも入れれるようになりました ^_^。 ただ私の場合、しっかりメイク等もあるので油断は出来ません。 その時間も十分に取り会場に出発します。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ