全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング神奈川 ケンスケ ボーカル教室 スクールブログ ■手を叩こう!...

■手を叩こう!~リズム~■


お疲れさまです。
ケンスケです!



今日は意外に皆さんが苦労してしまい、クリアした時の変化はビックリする程の違いがある


『リズム』


ただリズムと言っても、実は細かく見れば色々な要素が集まって魅力が生まれるんです。


その手始め…と書いた字の如く、まさに手で取るリズム。

「手拍子」または「クラップ」です。
※今回は呼称を「クラップ」で統一します。


テンポのある曲や、跳ねる様な軽快な曲、それらを唄う時にどうしても「遅れ」「ベタつき」「言葉が追い付かない」なんて言うポイントが良く見られます。


これを解消してしまうのが「クラップ」です。


実は大半の生徒さんのリズム取りは、【頭の中では】だいたい合っているんです。

ただそれを声と連結出来ていないのです。

ではその「唄」と「頭の中のリズム」のズレを、クラップが橋渡ししてあげようではありませんか☆

…と言うのが、このクラップ練習の「キモ」になります。


どうするか?


簡単です。

手を叩きながら唄ってみて下さい。

中にはそれだけで変わってしまう生徒さんもいます。。。が、今回はもう少し説明を。


何をやるか。


それはメリハリ。


つまり強い場所と弱い場所を作るんです。


では今回は簡単に、1・2・3・4と4つの拍を数えて下さい。


そして2と4の部分を強く、1と3は弱く叩いてみましょう。


それが出来たらカラオケを流しながら、曲と同じテンポで叩いてみる。


出来たら次は唄って見ましょう。


これだけでアクセントや抑揚が出てきます。



これを毎日1曲分、必ず続けてみて下さい。


必ず基礎的なリズムは身に付いてくるはずです。



この他、レッスン内ではビックリする程簡単にワンランク上のリズムが身に付きますよ♪

 

(2013年8月31日(土) 2:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

受講生が大手オーディションのグランプリに!丁寧なカウンセリングで安心

ブログ記事 ページ先頭へ