サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 ボーカルスクール・スマイル スクールブログ 楽しみながら・...

楽しみながら・・・。

こんにちわ
はしもとひろしです

僕のレッスンではピアノを使います
自分が伴奏を弾いていろいろな曲調にして
生徒さんに歌っていただきます。

曲は生徒さんの好きな曲であったり
歌ってみたい
歌えるようになりたい
そんな曲を選んでいただきます

生徒さんに
こんなことを聞かれました。

「歌のレッスンの時、マイクを使って歌うのと生声で歌うのと
 どちらがいいんですか?」

ちなみにみなさんはどう思われますか?


1)マイクを使ってリバーブを使って気持ちよく歌う
2)素の自分の声で歌う


確かに歌うことを勉強していくにはマイクを使わず生声で・・・。
それは大切なことです
でもどうせ歌うなら・・・楽しく気持ちよく歌いたい

とは 思いませんか?

なので僕はあえて生徒さんにはマイクで歌っていただきます
気持ちよく!

伴奏などもしっかりと・・・間違わぬよう・・・真剣に。
その方がより生徒さんも歌に気持ちが入ります。

僕のレッスンでは発声をおこなうときも
(こちらはマイクは使いませんが)
ただ母音などで単音で発声するのではなく
既存の曲を使ってさまざまな曲調などにして
生徒さんに楽しんで声を出していただきます

そんなふうに楽しんでやったほうが生徒さんのいいところも
苦手なところ出来ないところなどもすぐに発見できますし

何より演奏しているこちらも楽しくなります


何事も楽しみながら・・・。
そんなことを大切にしています。



 

(2013年7月26日(金) 16:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

昭和音大卒・ミュージカル劇団でも鍛え上げられたシンガーソングライター

新着記事

今日の一番目の生徒さんは ケルティックウーマンの「you raise me up」…。 とてもいい曲なんだよなぁ…。 ただ皆さん英語の曲となると…英語が…発音が…。 となりますよね(^-^) そんな時は…検索すると出てきます。 それも英語歌詞…カタカナ…と。 ...

こんにちわ はしもとひろしです 僕のレッスンではピアノを使います 自分が伴奏を弾いていろいろな曲調にして 生徒さんに歌っていただきます。 曲は生徒さんの好きな曲であったり 歌ってみたい 歌えるようになりたい そんな曲を選んでいただきます 生徒さんに こんなことを...

こんにちわ はしもとひろしです。 僕はいつもレッスンのときは必ずピアノを弾いて 生徒さんに歌っていただくのですが・・・。 先日生徒さんにこんなことを聞かれました。 「先生は小さい頃からピアノをやっていたんですか?」 答えは・・・Noでした。 僕は小学...

こんにちわ。 はしもとひろしです。 歌をはじめるとき きっとこんなふうに思うんだと思います。 もっと歌がうまくなりたい! 僕もきっとそうだったと思います。 音大を目指したとき、在学中や劇団にいたころ。 そして、シンガーソングライターとして歌いはじめた頃。 たくさ...

はじめましてはしもとひろしです。 まだ見ぬ生徒の皆さんに向かって書いています。 最初のブログ・・・何を書こうかなぁ 歌うこと・・・それはまず声を出すということ なら そんなところから書いてみよう 声を出すというのはブレス(息をはくこと) それとものすごく関係しているのです。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ボーカルトレーニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ