全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 ボーカルスクール・スマイル スクールブログ 楽しみながら・...

楽しみながら・・・。

こんにちわ
はしもとひろしです

僕のレッスンではピアノを使います
自分が伴奏を弾いていろいろな曲調にして
生徒さんに歌っていただきます。

曲は生徒さんの好きな曲であったり
歌ってみたい
歌えるようになりたい
そんな曲を選んでいただきます

生徒さんに
こんなことを聞かれました。

「歌のレッスンの時、マイクを使って歌うのと生声で歌うのと
 どちらがいいんですか?」

ちなみにみなさんはどう思われますか?


1)マイクを使ってリバーブを使って気持ちよく歌う
2)素の自分の声で歌う


確かに歌うことを勉強していくにはマイクを使わず生声で・・・。
それは大切なことです
でもどうせ歌うなら・・・楽しく気持ちよく歌いたい

とは 思いませんか?

なので僕はあえて生徒さんにはマイクで歌っていただきます
気持ちよく!

伴奏などもしっかりと・・・間違わぬよう・・・真剣に。
その方がより生徒さんも歌に気持ちが入ります。

僕のレッスンでは発声をおこなうときも
(こちらはマイクは使いませんが)
ただ母音などで単音で発声するのではなく
既存の曲を使ってさまざまな曲調などにして
生徒さんに楽しんで声を出していただきます

そんなふうに楽しんでやったほうが生徒さんのいいところも
苦手なところ出来ないところなどもすぐに発見できますし

何より演奏しているこちらも楽しくなります


何事も楽しみながら・・・。
そんなことを大切にしています。



 

(2013年7月26日(金) 16:35)

前の記事

この記事を書いたコーチ

昭和音大卒・ミュージカル劇団でも鍛え上げられたシンガーソングライター

ボーカルスクール・スマイル
橋本寛 (ボーカルトレーニング)

東京・新宿・高田馬場・秋葉原・立川・吉祥寺・中野・阿佐ケ谷・荻窪・西荻窪

ブログ記事 ページ先頭へ