全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング東京 Niccolino ボーカルスクール スクールブログ 倍楽しめたらい...

倍楽しめたらいいです♪♪

11月も半ばになり、道行く人はみんな冬の装いです。
暑がりな私でも
今日はぐるぐるマフラーで出かけてきました(^-^*)ノ


明日は 新しくスタートの生徒さんとの時間があります。


シューベルト作曲の『Ave Maria』……
仕事では歌う機会の多い曲です。


最近、“競作”はおもしろいなぁ…と よく思います。



『Ave Maria』は聖母マリアを称える詩です。ラテン語、ドイツ語、イタリア語などで歌われるのが一般的ですが

“Ave”には、“万歳!”とか“VIVA!!”とか… 称える意味があるそうです。
ですから、“マリア様、万歳!”というタイトルになるのでしょうか…(^-^)

『Ave Maria』競作は同年代に作られたものばかりでなく
時代や言葉の壁を越えて色々な作品が存在します。
作風の違いを聴きくらべするのも面白いと思います。

耳馴染みがあるのはやはり、シューベルトでしょうか…
グノー/バッハ、 マスカーニ、カッチーニ、アルカデルト…
ピアノ曲集・ブルグミュラーの25の練習曲の中にも同じタイトルの曲はあります。


大人になってからの音楽の楽しみ方のひとつ。
作り手によってこんなに 異なる曲が出来上がってしまうんだなぁ…という不思議な楽しさ♪


最近はご年輩向けのコンサートの中で 私はよく、
“対決シリーズ”を入れます。

砂山(中山晋平作曲)VS(山田耕筰作曲)

野薔薇(シューベルト)VS(ウェルナー)

きいて下さる方、また演奏側でも2倍楽しんで演奏できたらいいなぁ…
って思うのですが(^-^)



そんな楽しさも感じていただけるようなレッスンが、
明日から少しずつ
すすめていかれればよいのだけれど…


(前置き?長くなりましたが!?)


…っていうことは
シューベルトの『Ave Maria』希望っていったが最後、
いろんなマリア様が待ちかまえているのかもしれませんよ!?(笑)

…なんていうのはさておき、
いろいろ楽しく歌っていただけるようになったら嬉しいです!!(^-^)♪


(200811/12)

 

(2008年11月12日(水) 18:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

歌のお姉さん!童謡唱歌~ミュージカルまで、技術以外も伝授

ブログ記事 ページ先頭へ