全国5万人が受講している「サイタ」

ボーカル教室・ボーカルトレーニング

ボーカル教室・ボーカルトレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング愛知 1から学ぶボーカルレッスン スクールブログ ステージ衣装を...

ステージ衣装を考える!?

ステージ衣装…

つまりは、ライブ用の服や靴や、アクセサリーのことですね(°∀°)

衣装と言ってしまうと、ちょっと揃えるのは大変かな?というイメージをお持ちになるかもしれませんが、普段とあまり変わらない格好でも、十分にステージ衣装になる場合が多いです(^-^)

衣装と言うより、「舞台にたつんだから、ちょっとお洒落してみよう!」という考えですね(^-^)

…とはいっても、どんな格好にしよう…?と悩んじゃうかもしれませんね(((^_^;)


例えば普段と同じ格好に、
1つアクセサリーを加えたりするだけでもかなり変わってきます。
(帽子、リストバンド、ヘアバンド、カチューシャ、ネクタイ等)

演奏する曲調に合わせて服を選んだり。
(私の知り合いに和をテーマに演奏する方がいますが、
毎回ライブは浴衣や和服で行っているとか(@_@))

衣装とは違いますが、髪型を変えてみたりとか。


ちょっと難しいお話ですが、衣装の色合いを考えるのも大事です。

同色系で揃えたり、赤ー緑、青ー黄色というような補色でコーディネートしてみるとか。
(補色というのは、簡単に言えばその色と一番相性ピッタリな色のことです。)

例えばクリスマスツリーに赤い装飾が多いのは、それが一番目立つからです。

青いシャツに、黄色いネクタイをしてみたり、とか。


いろいろ考えてみるのも、楽しいですよね(°∀°)


ライブは音を楽しむだけでなく、演奏者さんを目で見て楽しむものです。

特に、ボーカリストは主役として見られる存在。

このブログをお読みいただいた皆さんも、次回ライブのときはぜひ試してみてね♪

 

(2013年4月28日(日) 15:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

マルチプレイヤーとして活躍。発声の構造~弾き語りまで、情熱のレッスン

1から学ぶボーカルレッスン
川上隆史 (ボーカルトレーニング)

名古屋・金山・鶴舞・勝川・春日井(JR)・日進・栄・上小田井・上飯田・岩塚・今池・覚...

ブログ記事 ページ先頭へ